お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-03 16:10
検定済教科書等のデジタル化に関する課題の検討 ~ デジタル(検定済)教科書の無償化やオープンアクセス化の可能性 ~
芳賀高洋岐阜聖徳学園大)・鈴木二正慶應幼稚舎)・大谷卓史吉備国際大ISEC2014-30 SITE2014-25 ICSS2014-34 EMM2014-30
抄録 (和) 文部科学大臣の検定を経た教科用図書(以下、検定済教科書とする)のデジタル化が関連法規定・制度の改正も含めて文部科学省を中心に検討されている。しかし、検定済教科書のデジタル化は、著作物の権利処理の複雑化や大幅なコスト増が予想されるなど課題が山積している。著作物の権利処理の複雑化やコスト増大は、検定済教科書のデジタル化それ自体の停滞を招く懸念があるほか、デジタル化された検定済教科書の品質向上や二次利用等での有効な活用に支障をきたす可能性もある。また、検定済教科書のデジタル化にあたっての制度改正等には複雑な利害関係の調整が必要と考えられ、そうした利害関係が検定済教科書のデジタル化を阻む要因となっている。
そこで、本稿では検定済教科書のデジタル化の課題について、まず先行研究や関連法規定・制度、現状のデジタル教科書の実態等を整理した。そして、現行の紙媒体の検定済教科書をほぼそのままの形で発行しつづけることを前提に、それとは独立して検定済教科書のデジタル化を推進するための著作物の権利処理とデジタル(検定済)教科書の無償化やオープンアクセス化について、関わる利害関係の調整等も考慮しつつ、その可能性を検討した。 
(英) The digitization of textbooks that have been authorized by the Minister of Education(hereafter referred to as Authorized Textbooks), including revision of related legislation and systems, is currently being reviewed primarily by the given Ministry. However, it is likely that the digitization of Authorized Textbooks will face a host of challenges, including the complexities of copyright clearance of copyrighted works, as well as large-scale projected cost increases. It is feared that the complexities involved with copyright clearance of copyrighted works and cost rises will lead to a delay in the digitization process itself of Authorized Textbooks. And also, it may be this may hinder improvements in the quality of digitized Authorized Textbooks and their effective application for secondary use. Therefore, this paper has organized the issues presented by digitization of Authorized Textbooks, including related legislation, previous research, and current digital textbooks. In addition, this paper has examined ways of copyright clearance of copyrighted works in an age where authorized textbooks have been digitized, keeping in mind the possibility of open access eventually being provided.
キーワード (和) デジタル教科書 / 著作物 / 著作権者 / フェアユース / 契約 / クリエイティブ・コモンズ / オープンアクセス /  
(英) Digital Textbook / Copyrighted Work / Copyright Holder / Fair Use / Contract / Creative Commons / Open Access /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 116, SITE2014-25, pp. 221-228, 2014年7月.
資料番号 SITE2014-25 
発行日 2014-06-26 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2014-30 SITE2014-25 ICSS2014-34 EMM2014-30

研究会情報
研究会 ICSS ISEC SITE EMM IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2014-07-03 - 2014-07-04 
開催地(和) サン・リフレ函館 
開催地(英) San-Refure Hakodate 
テーマ(和) セキュリティ, 一般 
テーマ(英) Security 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2014-07-ICSS-ISEC-SITE-EMM-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 検定済教科書等のデジタル化に関する課題の検討 
サブタイトル(和) デジタル(検定済)教科書の無償化やオープンアクセス化の可能性 
タイトル(英) Problems Concerning the Digitization of the Japanese Government Authorized Textbooks 
サブタイトル(英) Study of Open Access and Free License of the Digital Textbooks 
キーワード(1)(和/英) デジタル教科書 / Digital Textbook  
キーワード(2)(和/英) 著作物 / Copyrighted Work  
キーワード(3)(和/英) 著作権者 / Copyright Holder  
キーワード(4)(和/英) フェアユース / Fair Use  
キーワード(5)(和/英) 契約 / Contract  
キーワード(6)(和/英) クリエイティブ・コモンズ / Creative Commons  
キーワード(7)(和/英) オープンアクセス / Open Access  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芳賀 高洋 / Takahiro Haga / ハガ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 岐阜聖徳学園大学 (略称: 岐阜聖徳学園大)
Gifu Shotoku Gakuen University (略称: Gifu Shotoku Gakuen Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 二正 / Tsugumasa Suzuki / スズキ ツグマサ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾幼稚舎 (略称: 慶應幼稚舎)
Keio Gijuku Youchisha Primary School (略称: Keio Gijuku Youchisha Primary School)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 卓史 / Takushi Otani / オオタニ タクシ
第3著者 所属(和/英) 吉備国際大学 (略称: 吉備国際大)
Kibi International University (略称: Kibi International Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-03 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-ISEC2014-30,IEICE-SITE2014-25,IEICE-ICSS2014-34,IEICE-EMM2014-30 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.115(ISEC), no.116(SITE), no.117(ICSS), no.118(EMM) 
ページ範囲 pp.221-228 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2014-06-26,IEICE-SITE-2014-06-26,IEICE-ICSS-2014-06-26,IEICE-EMM-2014-06-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会