電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-02 15:10
EYERESH使用時の視機能への影響
吉川一輝大橋拓実名大)・田原博史リメディア)・小嶌健仁中部学院大)・本多悠真宮尾 克名大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 現代社会の情報化によってコンピュータ作業の時間が増加している。また、モバイル端末やタブレット端末などの長時間使用によって眼を酷使することが問題となっている。こうした問題から毛様体筋をストレッチさせてピント調節機能を改善するためのEYERESHプログラムを株式会社リメディアが開発した。本研究では、EYERESH使用時に水晶体調節・輻輳運動が想定している球体の動きに追従していることの検証およびEYERESH使用による視力への影響を検証した。 
(英) Computer work time is increasing information has progressed. Further, the fatigue of the eyes by prolonged use of the mobile terminal has become a problem. Co. REMEDIA have developed EYERESH program to improve the focus adjustment function is to stretch the ciliary muscle of these problems. In this study, we examined the effect on visual acuity by EYERESH use and verify that you are following the movement of the sphere that is assumed lens accommodation-convergence movement in EYERESH use.
キーワード (和) 立体視 / スマートフォン / 調節緊張 / 実用視力 / / / /  
(英) Stereoscopic vision / Smartphone / Tonic accommodation / Visual acuity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 114, MVE2014-30, pp. 113-116, 2014年7月.
資料番号 MVE2014-30 
発行日 2014-06-24 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE ITE-HI HI-SIG-VR  
開催期間 2014-07-01 - 2014-07-02 
開催地(和) 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) 
開催地(英)  
テーマ(和) 人工現実感および一般(VR学会,HI学会SIGVR,およびITE-HIと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2014-07-MVE-HI-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) EYERESH使用時の視機能への影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect on the Visual Function when Using the EYERESH 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体視 / Stereoscopic vision  
キーワード(2)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(3)(和/英) 調節緊張 / Tonic accommodation  
キーワード(4)(和/英) 実用視力 / Visual acuity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 一輝 / Kazuki Yoshikawa / ヨシカワ カズキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 拓実 / Takumi Ohashi / オオハシ タクミ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田原 博史 / Hiroshi Tahara / タハラ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社リメディア (略称: リメディア)
REMEDIA Co., Ltd. (略称: REMEDIA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小嶌 健仁 / Takehito Kojima / コジマ タケヒト
第4著者 所属(和/英) 中部学院大学 (略称: 中部学院大)
Chubu Gakuin University (略称: Chubu Gakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 本多 悠真 / Yuma Honda / ホンダ ユウマ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮尾 克 / Masaru Miyao / ミヤオ マサル
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-02 15:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2014-30 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.114 
ページ範囲 pp.113-116 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MVE-2014-06-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会