お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-27 13:00
縮退クロスバースイッチの研究(その2) ~ Torus-Embeddedクロスバースイッチ ~
小原 仁秋田大IN2014-27
抄録 (和) 本報告では,縮退クロスバースイッチの具体的な構成例としてトーラス埋め込み形の構成を提案する.最初に,本報告で対象とする縮退クロスバースイッチの構成条件を提示する.次に,その条件を満たす構成方法をクロスバースイッチから直接導出する.次に,元のクロスバースイッチと同じO(1)の複雑性を有するスイッチ制御アルゴリズムを明らかにする.また,従来のクロスバースイッチが有する冗長性を削除したことにより,未接続ポートの接続制御に配慮する必要があり,その点について補足する.最後に,提案したスイッチと同一トポロジーのスイッチについて簡単に紹介する. 
(英) A new pruned crossbar switch, i.e. torus-embedded crossbar switch, is described in this technical report. We begin with the goal and requirements for it based on our previous reports. Then we discuss how to yield it from the original crossbar switch. We also investigate its switch control algorithm of O(1) complexity, the same as that of conventional crossbar switches. Finally, we supplement some discussions on isomorphism with the proposed switch and connection control for idle input and output ports that has been left open in our previous report.
キーワード (和) クロスバースイッチ / 縮退クロスバースイッチ / スイッチアーキテクチャ / トーラス埋め込み / / / /  
(英) Crossbar switch / pruned crossbar switch / switch architecture / torus-embedded / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 110, IN2014-27, pp. 67-72, 2014年6月.
資料番号 IN2014-27 
発行日 2014-06-19 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2014-27

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2014-06-26 - 2014-06-27 
開催地(和) 香川大学 
開催地(英) Kagawa Univ. 
テーマ(和) Webサービス/SOA/ROA基盤、ソーシャルネットワーク(SNS)、認証/ID管理、ネットワークコーディング、データ分析・処理基盤及び一般 
テーマ(英) Web Service/SOA/ROA Platform, Social Networking Service (SNS), Authentication/ID management, Network Coding/Network Algorithms, Data Analysis/Processing Platform, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-06-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 縮退クロスバースイッチの研究(その2) 
サブタイトル(和) Torus-Embeddedクロスバースイッチ 
タイトル(英) Study on Pruned Crossbar Switches, Part II 
サブタイトル(英) Torus-Embedded Pruned Crossbar Switch 
キーワード(1)(和/英) クロスバースイッチ / Crossbar switch  
キーワード(2)(和/英) 縮退クロスバースイッチ / pruned crossbar switch  
キーワード(3)(和/英) スイッチアーキテクチャ / switch architecture  
キーワード(4)(和/英) トーラス埋め込み / torus-embedded  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 仁 / Hitoshi Obara / オバラ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-27 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-27 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.110 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会