お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-27 16:20
室内音響インパルス応答の同時推定におけるアンサンブル曲の利用
天野 丈立蔵洋介静岡大EA2014-11
抄録 (和) 本報告では,室内音響インパルス応答をセミブラインド音源分離によって多チャネル同時に測定するため,参照信号としてアンサンブル曲内の楽器パート音の利用を提案する.
インパルス応答を全チャネルで同時測定することにより,チャネルごとの測定と比べ短時間で測定が終了し,同時刻の伝達系が測定できる.
さらに,提案法では,ユーザが一曲のアンサンブル曲を聴いている間にインパルス応答を測定できる.
本報告では,各スピーカから異なる楽器パート音を同時に再生させ,一定時間ごとにそれらの音をスピーカに対してローテーションさせることにより,各スピーカから再生される音の広帯域性の確保を試みた.
提案法の有効性を確認するために,測定により得られたインパルス応答から設計された逆フィルタを用いた音場再現における再生音の再現精度を評価した.
その結果,提案法は楽器パート音をローテーションさせない場合と比べ,楽音の再現精度が7 dB向上した. 
(英) In this paper, we propose to utilize part sounds of ensemble music as a reference signal for measuring room impulse responses simultaneously by semi-blind source separation.
By simultaneous measurement of the impulse responses at every transfer channel, we can achieve a measurement in a shorter time and at the same time compared to measurement of each channel.
Furthermore, in the proposed method, the impulse responses can be measured while the user is listening to the one ensemble music.
We attempt to ensure the wide band of the reproduced reference sound from the loudspeakers by reproducing the different part sounds from each loudspeaker at the same time, and by rotating the part sounds with respect to the loudspeakers at regular time intervals.
To reveal the effectiveness of the proposed method, the reproduction accuracy of the sound reproduction system with inverse filtering was evaluated, in which the inverse filters were designed by the measured impulse responses.
As a result, the proposed method with rotating can improve the reproduction accuracy of the reproduced sound by about 7 dB compared with no rotation measurement.
キーワード (和) Semi-BSS / インパルス応答 / 参照信号 / 多チャネル同時測定 / 逆フィルタ制御 / / /  
(英) Semi-BSS / Impulse response / Reference signal / Multichannel simultaneous measurement / Inverse filtering / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 112, EA2014-11, pp. 37-42, 2014年6月.
資料番号 EA2014-11 
発行日 2014-06-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2014-11

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2014-06-27 - 2014-06-27 
開催地(和) 三重大学 
開催地(英) Mie Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2014-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 室内音響インパルス応答の同時推定におけるアンサンブル曲の利用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ensemble music-based simultaneous measurement of room impulse responses 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Semi-BSS / Semi-BSS  
キーワード(2)(和/英) インパルス応答 / Impulse response  
キーワード(3)(和/英) 参照信号 / Reference signal  
キーワード(4)(和/英) 多チャネル同時測定 / Multichannel simultaneous measurement  
キーワード(5)(和/英) 逆フィルタ制御 / Inverse filtering  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 丈 / Takeru Amano / アマノ タケル
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 立蔵 洋介 / Yosuke Tatekura / タテクラ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-27 16:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2014-11 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.112 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2014-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会