電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-27 10:50
関係性に基づく通信網における制御メトリック情報の更新手法
河合直人新熊亮一京大)・笠井裕之電通大)・山口和泰神戸デジタル・ラボ)・高橋達郎京大IN2014-26
抄録 (和) 情報発信を行う場合は特定の宛先よりもその情報に興味のある宛先に届くのが望ましい.そこで関係性を
基にしたメッセージングネットワークを利用したインネットワークメッセージングシステムが提案されている.本システムでは,種々のセンシングデータより形成した関係性グラフを用いる.関係性グラフにおいては人やモノ,場所をノード,それらの関係をリンクとして表現したグラフを使用する.グラフを格納するストレージのサイズは有限である.そこで本稿ではグラフの中から古いリンクを発見し,消去する方式を提案する.本方式により,全探索を行うことなく古いリンクを消去することが可能となる. 
(英) People sometimes want to send a message only to someone who is interested in the content of the
message. However, e-mail services, which have been recognized as the de-facto standard for years, do not have such capability, though a couple of emerging messaging applications such as those used for micro-blogging have it. To tackle the problem described above, in-network messaging systems have been proposed. They are such systems that dynamically control the recipients of messages depending on the context of the messages. To control the reachability
of contents based on the context, relational metrics have been used. Relational metrics can be represented as a graph in which each node could be a social object such as person, location, content, each link be a direct relation between two nodes, and the weight of link be the strength of relationship. This graph is called relational graph. This paper discusses how to maintain and update relational graphs. Since relational graphs are produced from physical and online sensing data, the number of links and nodes in a relational graph could become huge as sensing data
increase. Therefore, it should be discussed how to remove unnecessary links and nodes in a graph without searching all links and nodes in the graph. This paper proposes and evaluates a novel link deletion method, which uses the characteristic of the centrality in the graph structure.
キーワード (和) 関係性メトリック / グラフ構造 / リンク消去 / メッセージングネットワーク / / / /  
(英) relational metric / graph structure / link deletion / messaging network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 110, IN2014-26, pp. 61-66, 2014年6月.
資料番号 IN2014-26 
発行日 2014-06-19 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2014-26

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2014-06-26 - 2014-06-27 
開催地(和) 香川大学 
開催地(英) Kagawa Univ. 
テーマ(和) Webサービス/SOA/ROA基盤、ソーシャルネットワーク(SNS)、認証/ID管理、ネットワークコーディング、データ分析・処理基盤及び一般 
テーマ(英) Web Service/SOA/ROA Platform, Social Networking Service (SNS), Authentication/ID management, Network Coding/Network Algorithms, Data Analysis/Processing Platform, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-06-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 関係性に基づく通信網における制御メトリック情報の更新手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Updating Method of Control-metric Information for Relational-metric Based Operation in Communication Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 関係性メトリック / relational metric  
キーワード(2)(和/英) グラフ構造 / graph structure  
キーワード(3)(和/英) リンク消去 / link deletion  
キーワード(4)(和/英) メッセージングネットワーク / messaging network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河合 直人 / Naoto Kawai / カワイ ナオト
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新熊 亮一 / Ryoichi Shinkuma / シンクマ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠井 裕之 / Hiroyuki Kasai / カサイ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Electro-Communications Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 和泰 / Kazuhiro Yamaguchi / ヤマグチ カズヒロ
第4著者 所属(和/英) 神戸デジタル・ラボ (略称: 神戸デジタル・ラボ)
Kobe Digital Labo Inc. (略称: KDL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 達郎 / Tatsuro Takahashi / タカハシ タツロウ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-27 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-26 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.110 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会