電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-27 13:30
音声再生に適したパラメトリックスピーカのための振幅・周波数ハイブリッド変調方式における最適パラメータの実験的検討
岩崎 亘生藤大典中山雅人西浦敬信立命館大EA2014-6
抄録 (和) 鋭い指向性を有するパラメトリックスピーカは, 一般に特定の受聴者に対する音声アナウンスで利用されている. 搬送波とする超音波を音響信号で変調した変調波は, パラメトリックスピーカから大音圧で放射されると空気の非線形性により歪み, 元の音響信号に可聴音として自己復調する. 従来の変調方式では, 振幅変調方式は音圧が低下し, 周波数変調方式は音質が低下するため, 音圧向上と音質保持の両立が困難であった. そこでパラメトリックスピーカが一般に音声アナウンスで利用されることに着目し, 音声に適した振幅・周波数ハイブリッド変調方式を提案する. 音声の低域は大きなエネルギを有し音質に強い影響を及ぼすため, 音質を保持する振幅変調を音声の低域に, 音圧を向上させる周波数変調を高域に行う. 提案法を用いた変調波の周波数特性は変調する音声信号の周波数特性に依存するため, 振幅・周波数変調方式を切り替える為の最適な分割周波数およびゲイン係数を発話者の性別ごとに検討する. 評価実験の結果, 分割周波数とゲイン係数を発話者の性別ごとに最適値に切り替えることで, 提案法は振幅変調方式と同程度の音質を保持しつつ音圧を向上できることを確認した. 
(英) Parametric loudspeaker with sharper directivity has been generally used for audio guidance to a specific listener. To emit an audible sound, it requires an ultrasound modulated with the audio sound. In the conventional methods, the amplitude and frequency modulations are difficult to cope with both improving the sound pressure level and holding the sound quality. Thus, we propose a new modulation method based on the combination of AM and FM with specializing for speech signals. As a result of the evaluation experiment, we obtained the optimum parameters for dividing frequency and gain coefficient in the proposed method.
キーワード (和) パラメトリックスピーカ / 音声信号 / 振幅・周波数変調 / 分割周波数 / ゲイン係数 / / /  
(英) Parametric loudspeaker / Speech signals / Amplitude and frequency modulations / Dividing frequency / Gain coefficient / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 112, EA2014-6, pp. 7-12, 2014年6月.
資料番号 EA2014-6 
発行日 2014-06-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2014-6

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2014-06-27 - 2014-06-27 
開催地(和) 三重大学 
開催地(英) Mie Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2014-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声再生に適したパラメトリックスピーカのための振幅・周波数ハイブリッド変調方式における最適パラメータの実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An experimental study of optimum parameters in hybrid modulation based on amplitude and frequency with parametric loudspeaker for suitable speech reproduction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パラメトリックスピーカ / Parametric loudspeaker  
キーワード(2)(和/英) 音声信号 / Speech signals  
キーワード(3)(和/英) 振幅・周波数変調 / Amplitude and frequency modulations  
キーワード(4)(和/英) 分割周波数 / Dividing frequency  
キーワード(5)(和/英) ゲイン係数 / Gain coefficient  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 亘 / Toru Iwasaki / イワサキ トオル
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 生藤 大典 / Daisuke Ikefuji / イケフジ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 雅人 / Masato Nakayama / ナカヤマ マサト
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 敬信 / Takanobu Nishiura / ニシウラ タカノブ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-27 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2014-6 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.112 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2014-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会