お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-27 10:00
コンテンツセントリックネットワークにおけるストリームデータ配信機構の実装
川崎賢弥阪大)・阿多信吾阪市大)・村田正幸阪大IN2014-24
抄録 (和) 近年、IPネットワークに代わる新世代ネットワークへの期待が高まっており、その一つとしてコンテンツセントリックネットワーク(Content Centric Network: CCN)がある。
CCNに関する研究はアーキテクチャのみならずアプリケーションについてもさまざまな基礎的研究がなされているところである。しかしながら現在CCN上で実現されているアプリケーションの多くはすべてのコンテンツを独立とみなした個別のコンテンツ取得を前提としており、ストリームデータなど時間系列により生成される一連のコンテンツを取得する手法はあまり検討されていない。

本稿では、CCNにおいてストリームデータを生成・配信するシステムの設計および実装を行う。
ストリームデータの伝送において重要となるランダムアクセス性やセッションの柔軟性を実現しつつ、コンテンツ提供ノードへの制御も含めたシームレスなネーミングアーキテクチャとそれを制御するコンテンツセントリックネットワークにより、特に計算資源の乏しい組み込み機器においても簡便なコンテンツ配信機構を実現することを目標とする。
提案システムの実現可能性について検証するため、組み込み機器プラットフォームを用いた無線センサネットワークにおいてシステムを実装し、その有効性を確認する。 
(英) In recent years, Future Internet is highly expected as an evolution of IP networks.
Content Centric Networking (CCN) is promising as one of future communication architectures, and now many researches on this field, not only applications but also architectures, are actively conducted.
However, many applications developed over CCN are mainly focusing on delivery of individual content by using name of content for routing.
Few studies regarding a deliver of stream-data, which is a series of contents generated periodically, have been done so far.

In this paper, we design and implement a system to support stream-data delivery over CCN.
With achieving two important features of stream-data, i.e. random access and flexibility, we design a CCN architecture including seamless naming/addressing architecture to enable controls of content providers.
Especially we target on embedded devices, which have limited hardware resources, to realize stream-data delivery with ease.
Also a development of prototype is conducted to verify the feasibility of our proposed architecture.
キーワード (和) コンテンツセントリックネットワーク (CCN) / ストリームデータ / ルーティング / 資源発見 / センサネットワーク / / /  
(英) Content-Centric Networking / Stream-data / Routing / Finding resources / Sensor networking / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 110, IN2014-24, pp. 49-54, 2014年6月.
資料番号 IN2014-24 
発行日 2014-06-19 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2014-24

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2014-06-26 - 2014-06-27 
開催地(和) 香川大学 
開催地(英) Kagawa Univ. 
テーマ(和) Webサービス/SOA/ROA基盤、ソーシャルネットワーク(SNS)、認証/ID管理、ネットワークコーディング、データ分析・処理基盤及び一般 
テーマ(英) Web Service/SOA/ROA Platform, Social Networking Service (SNS), Authentication/ID management, Network Coding/Network Algorithms, Data Analysis/Processing Platform, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-06-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツセントリックネットワークにおけるストリームデータ配信機構の実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Communication Architecture to Support Stream-data over Content Centric Networking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツセントリックネットワーク (CCN) / Content-Centric Networking  
キーワード(2)(和/英) ストリームデータ / Stream-data  
キーワード(3)(和/英) ルーティング / Routing  
キーワード(4)(和/英) 資源発見 / Finding resources  
キーワード(5)(和/英) センサネットワーク / Sensor networking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 賢弥 / Kenya Kawasaki / カワサキ ケンヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿多 信吾 / Shingo Ata / アタ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-27 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-24 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.110 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会