電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-27 15:20
複数音源定位における適応的な時間周波数分解に関する研究
早川大智安藤 繁東大EA2014-9
抄録 (和) 本研究室では,波動方程式の球面波解である音源拘束偏微分方程式(SC-PDE)に荷重積分を行うことで.厳密な代数方程式を導き出し,音源を定位する手法を提案してきた.この荷重積分法を利用した音源定位手法は,時間周波数分解能を自由に選択できる利点を持つ.そこで本論文では,この手法の利点を活かして,複数の音源からの入力に対し,音源定位に最も適した時間周波数分解法を自動的に選択するアルゴリズムを提案する.
本論文では,この音源定位手法における精度の良さの目安として,最小二乗法を用いて音源の位置を求める際に生じる残差に着目した.そして,全時間周波数区分における残差の総和を最小化するという問題を解くことにより,音源定位に最適な時間周波数分解法を自動的に選択するアルゴリズムを考案した.アルゴリズムを構築する上で,フィルタバンクの完全再構成条件を満たすように,観測時間のシフトについて考慮した.最後にシミュレーション実験を行い,提案したアルゴリズムの有用性を確認した. 
(英) In our laboratory, a sound source localization(SSL) method using weighted integral method and circular array was proposed.
It is based on the direct resolution of an algebraic equation obtained by combining the weighted integral method with a partial differential equation satisfied by the wave field.
In this paper, we present an adaptive time-frequency resolution algorithm for multiple sound source using this SSL method. The residual sum of squares(RSS) in this SSL method is useful evaluation of this SSL's accuracy. By minimizing total RSS, we achieve adaptive time-frequency resolution algorithm for multiple SSL.
キーワード (和) 複数音源定位 / 荷重積分法 / 時間周波数分解 / 残差二乗和 / / / /  
(英) multiple sound source localization / weighted integral method / time-frequency resolution / RSS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 112, EA2014-9, pp. 25-30, 2014年6月.
資料番号 EA2014-9 
発行日 2014-06-20 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2014-9

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2014-06-27 - 2014-06-27 
開催地(和) 三重大学 
開催地(英) Mie Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2014-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数音源定位における適応的な時間周波数分解に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive time-frequency resolution for multiple sound source localization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複数音源定位 / multiple sound source localization  
キーワード(2)(和/英) 荷重積分法 / weighted integral method  
キーワード(3)(和/英) 時間周波数分解 / time-frequency resolution  
キーワード(4)(和/英) 残差二乗和 / RSS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 大智 / Daichi Hakayawa / ハヤカワ ダイチ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 繁 / Shigeru Ando / アンドウ シゲル
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-27 15:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2014-9 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.112 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2014-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会