お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-26 13:20
ヒューマンネットワークインタラクションを考慮したネットワークの設計
新井田 統小頭秀行KDDI研)・福元徳広上村郷志KDDI)・阿野茂浩KDDI研IN2014-17
抄録 (和) 携帯電話に代表されるICTデバイスにより、人々の情報通信サービス利用行動は多様化している.利用のコンテキスト多様化に伴い,サービス品質の状況依存性が注目を集めている.通信ネットワークの設計においても,QoS基準からQoE基準への拡張に向けた様々な検討が進められており,利用者の視点に着目した人間中心設計によるサービスやアプリケーション,システムの設計に注目が集まっている.本稿では,ネットワークの使いやすさという指標を導入し,人とネットワークの相互作用の観点から評価することで,QoEに基づくネットワークの設計を行う方法について議論する. 
(英) The expansion of ICT devices has led to massive diversification in information-use behavior. The decision of the service quality criterion necessary for the design of such a system is required. Various examinations for enhancing from the QoS criterion to the QoE criterion are advanced about the network design, and the human centered design has gathered attention in service, the application, and the system design from the user’s perspective. In this report, we discussed the method for designing network system based on the network usability by regarding human network interaction.
キーワード (和) サービス品質 / QoS / QoE / 人間中心設計 / 相互作用 / 使いやすさ / /  
(英) service quality / QoS / QoE / human centered design / interaction / usability / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 110, IN2014-17, pp. 7-12, 2014年6月.
資料番号 IN2014-17 
発行日 2014-06-19 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2014-17

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2014-06-26 - 2014-06-27 
開催地(和) 香川大学 
開催地(英) Kagawa Univ. 
テーマ(和) Webサービス/SOA/ROA基盤、ソーシャルネットワーク(SNS)、認証/ID管理、ネットワークコーディング、データ分析・処理基盤及び一般 
テーマ(英) Web Service/SOA/ROA Platform, Social Networking Service (SNS), Authentication/ID management, Network Coding/Network Algorithms, Data Analysis/Processing Platform, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-06-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヒューマンネットワークインタラクションを考慮したネットワークの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Communication Network Design Considering a Human Network Interaction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービス品質 / service quality  
キーワード(2)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(3)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(4)(和/英) 人間中心設計 / human centered design  
キーワード(5)(和/英) 相互作用 / interaction  
キーワード(6)(和/英) 使いやすさ / usability  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井田 統 / Sumaru Niida / ニイダ スマル
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小頭 秀行 / Hideyuki Koto / コトウ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 徳広 / Norihiro Fukumoto / フクモト ノリヒロ
第3著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 郷志 / Satoshi Uemura / ウエムラ サトシ
第4著者 所属(和/英) KDDI株式会社 (略称: KDDI)
KDDI Corporation (略称: KDDI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 茂浩 / Shigehiro Ano / アノ シゲヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-26 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-17 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.110 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会