お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-26 15:45
[招待講演]圧縮センシングの通信ネットワークへの応用
松田崇弘阪大IN2014-22
抄録 (和) 圧縮センシングは,スパース性を有する未知ベクトルが線形観測されるシステムにおいて,未知数よりも少ない観測数で未知ベクトルの推定を可能とする技術である.本稿では,圧縮センシングにおけるベクトル再構成と行列再構成の基本的な考え方について述べ,圧縮センシングの通信ネットワークへの応用技術について検討する.圧縮センシングを応用技術として用いるためには,対象とする技術が必然的にスパース性を有することが必要である.本稿では,スパース性を仮定することのできる応用技術として,センサネットワークの転送制御,ネットワークトモグラフィ,無線トモグラフィについて説明し,それぞれの技術に対する圧縮センシングの適用方法について考察する. 
(英) In this article, we introduce compressed sensing and its applications in communication networks. Compressed sensing is an emerging theory in signal/image processing, and it enables us to acquire a sparse solution in an ill-posed linear inverse problem. When using compressed sensing in some applications of communication networks, we need to consider that the assumption of the sparsity is natural in these applications. We first explain the basic idea of vector and matrix recovery problems in compressed sensing. We then explain three applications of compressed sensing: data delivery schemes in wireless sensor networks, network tomography, and wireless tomography, and we discuss the sparsity in these applications.
キーワード (和) 圧縮センシング / ベクトル再構成 / 行列再構成 / 応用技術 / 通信ネットワーク / / /  
(英) compressed sensing / vector recovery / matrix recovery / application / communication networks / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 110, IN2014-22, pp. 37-42, 2014年6月.
資料番号 IN2014-22 
発行日 2014-06-19 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2014-22

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2014-06-26 - 2014-06-27 
開催地(和) 香川大学 
開催地(英) Kagawa Univ. 
テーマ(和) Webサービス/SOA/ROA基盤、ソーシャルネットワーク(SNS)、認証/ID管理、ネットワークコーディング、データ分析・処理基盤及び一般 
テーマ(英) Web Service/SOA/ROA Platform, Social Networking Service (SNS), Authentication/ID management, Network Coding/Network Algorithms, Data Analysis/Processing Platform, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-06-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 圧縮センシングの通信ネットワークへの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of Compressed Sensing to Communication Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 圧縮センシング / compressed sensing  
キーワード(2)(和/英) ベクトル再構成 / vector recovery  
キーワード(3)(和/英) 行列再構成 / matrix recovery  
キーワード(4)(和/英) 応用技術 / application  
キーワード(5)(和/英) 通信ネットワーク / communication networks  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 崇弘 / Takahiro Matsuda / マツダ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-26 15:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-22 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.110 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会