お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-26 10:50
20Gbit/sQPSK伝送信号に対するコスタスループ・ホモダイン検波
重田侑亮水鳥 明古賀正文大分大OCS2014-12
抄録 (和) 100kmの光ファイバに対して20Gbit/sQPSK変調信号を伝送した後、コスタスループ・ホモダイン検波によって安定な受信に成功したので報告する。QPSK信号のためのコスタスループには乗算、加減算機能が必要である。平衡モード識別(ディジタル回路)回路の入出力の組合せのみで加減算回路を構成できており、結果として高感度な位相誤差検出ループが達成できている。コスタスループの構成では、半導体レーザにおけるFM変調特性を測定し、レッドシフトからブルーシフトへの変化点近傍における位相回転をループフィルタによって補償する機能も設計実装した。この補償によってループ帯域を3MHz以上広げることができた。このような位相補償を施したdecision-driven型コスタスループによって、波長分散800ps/nmに相当する光ファイバ伝送でも20Gbit/sQPSKの安定なホモダイン受信に成功した。 
(英) The optical fiber transmission experiment confirmed a stable Costas-Loop homodyne detection for 20Gbit/s QPSK signal. Summation, distraction, and multiply processes in the Costas-Loop were configured by only digital balanced circuits of limiting amplifiers and Exclusive OR, and this configuration achieved a high sensitivity of phase error detection. A loop filter involved in the Costas-Loop was designed to compensate the phase rotation at around red to blue shift frequency range in a laser diode FM response. Owing to these two design essentials, we successfully demonstrated stable Homodyne detection for 20Gbit/s QPSK signal transmission of over 100km (800ps/nm chromatic dispersion).
キーワード (和) ホモダイン検波 / PLL / QPSK / コスタスループ / / / /  
(英) Homodyne detection / PLL / QPSK / Costas loop / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 108, OCS2014-12, pp. 1-4, 2014年6月.
資料番号 OCS2014-12 
発行日 2014-06-19 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2014-12

研究会情報
研究会 PN NS OCS  
開催期間 2014-06-26 - 2014-06-27 
開催地(和) ビーコンプラザ(別府) 
開催地(英) B-ConPlaza 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光変復調方式,コヒーレント光通信,光増幅・中継技術,一般 
テーマ(英) TBD 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2014-06-PN-NS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 20Gbit/sQPSK伝送信号に対するコスタスループ・ホモダイン検波 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Costas Loop Homodyne detection for 20Gbit/s QPSK signal transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホモダイン検波 / Homodyne detection  
キーワード(2)(和/英) PLL / PLL  
キーワード(3)(和/英) QPSK / QPSK  
キーワード(4)(和/英) コスタスループ / Costas loop  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 重田 侑亮 / Yusuke Shigeta / シゲタ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水鳥 明 / Akira Mizutori / ミズトリ アキラ
第2著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 正文 / Masafumi Koga / コガ マサフミ
第3著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-26 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2014-12 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.108 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2014-06-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会