電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-25 16:35
MDL/Bayesを用いたベイジアンネットワークの構造推定 ~ 連続データを含む場合の一致性について ~
鈴木 譲阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Bayesianネットワークで、連続データと離散データが混在している場合の構造推定をおこなう。変数集合の各部分集合に、Bayes的にスコアを割り当てると、それらを組み合わせて、各構造のスコアが求まる。それらを比較して、事後確率が最大の構造を推定する。提案方式は、連続データが含む場合のMDL基準の一般化に相当する原理に基づいている。したがって、サンプル数が多くなれば、確率1で真の構造を推定することが予想される。今回は、数学的な証明には至らなかったが、種々の実験によって、そのことが真であることのevidenceを得た。 
(英) In any database, some fields are discrete and others continuous in each record.We consider learning Bayesian network structures when discrete and continuous variables are present.Thus far, most of the previous results assumed that all the variables are either discrete or continuous. We propose to compute a new Bayesian score for each subset of discrete and continuous variables,and to obtain a structure that maximizes the posterior probability given examples. We evaluate the proposed algorithm and make experiments to see that the error probability and Kullback-Leibler divergence diminish as $n$ grows whereas the computation increases linearly in the logarithm of the number of bins in the histograms.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 105, IBISML2014-2, pp. 25-32, 2014年6月.
資料番号 IBISML2014-2 
発行日 2014-06-18 (NC, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC IPSJ-BIO IBISML IPSJ-MPS  
開催期間 2014-06-25 - 2014-06-27 
開催地(和) 沖縄科学技術大学院大学 
開催地(英) Okinawa Institute of Science and Technology 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング、一般 
テーマ(英) Machine Learning Approach to Biodata Mining, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2014-06-NC-BIO-IBISML-MPS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MDL/Bayesを用いたベイジアンネットワークの構造推定 
サブタイトル(和) 連続データを含む場合の一致性について 
タイトル(英) Learning Bayesian Network Structures when discrete and continuous variables are present 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 譲 / Joe Suzuki / スズキ ジョー
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-25 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-NC2014-2,IEICE-IBISML2014-2 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.104(NC), no.105(IBISML) 
ページ範囲 pp.25-32 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-NC-2014-06-18,IEICE-IBISML-2014-06-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会