お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-19 16:00
Instantaneous amplitude and phase restoration using Kalman filter for speech enhancement
Yang LiuNaushin NowerMasashi UnokiJAISTSP2014-51 WIT2014-6
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) This paper proposes a method of restoring the instantaneous amplitudes and phases using Kalman filter with linear prediction from a noisy reverberant signal for speech enhancement. Recent studies have shown that the phase spectrum in short time Fourier transform plays an important role for speech enhancement. We thus have previously proposed the method of restoring the instantaneous amplitudes and phases simultaneously in noisy environment based on this fact. In this paper, we extend our previous method to be general speech enhancement in real environments by removing the effects of noise and reverberation simultaneously. Objective experiments were conducted in various noisy reverberant environments to evaluate the effectiveness of the proposed scheme by using signal to error ratio (SER), correlation, perceptual evaluation of speech quality (PESQ), and SNR loss. Results showed that the proposed method can effectively improve these objective measurements in noisy reverberant environments, compared with typical methods such as Wiener filtering method and minimum mean square error short-time spectral amplitude (MMSE-STSA) method.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Instantaneous amplitude and phase / Kalman filter / Linear prediction / Gammatone filterbank / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 91, SP2014-51, pp. 27-32, 2014年6月.
資料番号 SP2014-51 
発行日 2014-06-12 (SP, WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2014-51 WIT2014-6

研究会情報
研究会 SP WIT ASJ-H  
開催期間 2014-06-19 - 2014-06-20 
開催地(和) 近江町交流プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) 聴覚,福祉,音声一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2014-06-SP-WIT-H 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Instantaneous amplitude and phase restoration using Kalman filter for speech enhancement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Instantaneous amplitude and phase  
キーワード(2)(和/英) / Kalman filter  
キーワード(3)(和/英) / Linear prediction  
キーワード(4)(和/英) / Gammatone filterbank  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) リュウ ヤン / Yang Liu / リュウ ヤン
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ノワ ナウシン / Naushin Nower / ノワ ナウシン
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜木 祐史 / Masashi Unoki / ウノキ マサシ
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-19 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2014-51,IEICE-WIT2014-6 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.91(SP), no.92(WIT) 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2014-06-12,IEICE-WIT-2014-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会