お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-19 15:10
分娩監視装置からの心音データを用いた胎児の心拍RR時間のリアルタイム計測システムの試作
森 幹男西島浩二浅井竜哉小越康宏白井治彦谷口秀次・○荒木睦大福井大
抄録 (和) 胎児の健康状態の診断に用いられる胎児心拍モニタリングにおいて,胎児心拍細変動の重要性が指摘されている.しかしながら,超音波ドプラの反射信号を用いる現行の分娩監視装置で得られるのは,自己相関を利用して胎児心拍数の平均値から推算した見せかけの心拍RR時間に過ぎず,心拍細変動の基準となる“瞬時心拍RR時間”を計測することが出来ない.我々が試作した「乳幼児の泣き声のピッチ周期計測技術」の応用により,現行の分娩監視装置から抽出された胎児心音信号を用いて,リアルタイムに瞬時心拍RR時間の計測を可能とする. 
(英) It is pointed out that the importance of fetal-heart-rate baseline variability on fetal-heart-rate monitoring used for diagnosis of embryonic health condition.
However, the instantaneous RR Time Interval is hardly obtained on conventional method using ultrasonic Doppler reflected signal.
In this paper, an experimental system to measure RR interval of fetal heart using heart sound is proposed.
キーワード (和) 胎児心拍数 / RR時間 / 超音波ドプラ / 心音 / / / /  
(英) Fetal Heart Rate / RR Time Interval / Ultrasound Doppler / Heart Sound / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 91(SP), 92(WIT), SP2014-50, WIT2014-5, pp. 23-26, 2014年6月.
資料番号  
発行日 2014-06-12 (SP, WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SP WIT ASJ-H  
開催期間 2014-06-19 - 2014-06-20 
開催地(和) 近江町交流プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) 聴覚,福祉,音声一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASJ-H 
会議コード 2014-06-SP-WIT-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分娩監視装置からの心音データを用いた胎児の心拍RR時間のリアルタイム計測システムの試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental System to Measure RR Interval of Fetal Heart using Heart Sound 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 胎児心拍数 / Fetal Heart Rate  
キーワード(2)(和/英) RR時間 / RR Time Interval  
キーワード(3)(和/英) 超音波ドプラ / Ultrasound Doppler  
キーワード(4)(和/英) 心音 / Heart Sound  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 幹男 / Mikio Mori / モリ ミキオ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西島 浩二 / Koji Nishijima / ニシジマ コウジ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 竜哉 / Tatsuya Asai / アサイ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小越 康宏 / Yasuhiro Ogoshi / オゴシ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 治彦 / Haruhiko Shirai / シライ ハルヒコ
第5著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 秀次 / Shuji Taniguchi / タニグチ シュウジ
第6著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 睦大 / Chikahiro Araki / アラキ チカヒロ
第7著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-19 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASJ-H 
資料番号 IEICE-SP2014-50,IEICE-WIT2014-5 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.91(SP), no.92(WIT) 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SP-2014-06-12,IEICE-WIT-2014-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会