電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-18 10:21
周波数領域パンクチャリングを行ったターボ符号化シングルキャリア伝送のスループット特性
中島祥平東京理科大)・武田一樹NTTドコモ)・樋口健一東京理科大
抄録 (和) 本稿では,先に提案した周波数領域パンクチャリングを適用したターボ符号化を行ったシングルキャリア伝送のスループットを評価する.周波数領域パンクチャリングでは,送信符号化シンボルにDFTを行った後,符号化率を増やすためにいくつかの周波数成分をパンクチャする.従来の時間領域パンクチャリングと違い,周波数領域パンクチャリングは全ての符号化ビットを送信できる.そのため,時間領域パンクチャリングに比較して符号化利得は大きくなると期待できる.しかし,周波数領域パンクチャリングではシンボル間干渉(ISI: inter-symbol interference)が発生する.そのため,受信機にISIを抑圧する周波数領域ターボ等化を適用する.本稿では,これまでの評価で用いられていたQPSK変調に加えて16QAM変調の場合についても提案法を拡張し評価する.シミュレーション結果から,周波数領域パンクチャリングは時間領域パンクチャリングのみを使う場合に比較してスループットを増大できることを示す.また,スループットの増大は16QAM変調よりもQPSK変調のような低いオーダーの変調方式でより大きく観測されることを示す.一方,周波数選択性フェージングチャネルにおいては,周波数領域パンクチャリングによるスループットの増大率は減少することを示す. 
(英) This paper investigates the throughput performance of turbo coded single-carrier transmission with our previously reported frequency-domain puncturing. In the frequency-domain puncturing, after applying the discrete Fourier transform (DFT) to the transmission coded symbols, some of the frequency components (spectrum) are punctured to increase the equivalent coding rate. The difference compared to conventional bit-level time-domain puncturing is that the frequency-domain puncturing can transmit all the coded bits. Therefore, the coding gain is expected to increase compared to that for time-domain puncturing. The cost is the inter-symbol interference (ISI). Frequency-domain turbo equalization at the receiver is employed to mitigate the ISI. For more concrete performance evaluation, we extended the proposed method to the case with 16QAM modulation in addition to the QPSK. From the simulation results, we show that the frequency-domain puncturing can increase the throughput compared to the case only using time-domain puncturing. Throughput gain is more observed with lower order modulation such as QPSK rather than 16QAM. In the frequency-selective fading channel, the performance gain by using the frequency-domain puncturing is decreased, which implies that the channel dependent scheduling may be beneficial for obtaining the potential gain of the frequency-domain puncturing in frequency-selective fading channel.
キーワード (和) ターボ符号 / レート制御 / パンクチャリング / ターボ等化 / 多値変調 / / /  
(英) Turbo code / rate control / puncturing / turbo equalization / multi-level QAM data modulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 86, RCS2014-66, pp. 197-202, 2014年6月.
資料番号 RCS2014-66 
発行日 2014-06-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2014-06-17 - 2014-06-19 
開催地(和) 沖縄県青年会館(那覇) 
開催地(英) Okinawa-ken Seinenkaikan (Naha) 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,国際ワークショップ,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数領域パンクチャリングを行ったターボ符号化シングルキャリア伝送のスループット特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Performance of Turbo Coded Single-Carrier Transmission with Frequency-Domain Puncturing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ターボ符号 / Turbo code  
キーワード(2)(和/英) レート制御 / rate control  
キーワード(3)(和/英) パンクチャリング / puncturing  
キーワード(4)(和/英) ターボ等化 / turbo equalization  
キーワード(5)(和/英) 多値変調 / multi-level QAM data modulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 祥平 / Shohei Nakajima / ナカジマ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一樹 / Kazuki Takeda / タケダ カズキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-18 10:21:00 
発表時間
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-66 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.197-202 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会