お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-17 09:40
QZSSショートメッセージSS-CDMA通信のレイリーフェージング環境における基本特性
秋元浩平三宅裕士亀田 卓平 明徳末松憲治高木 直坪内和夫東北大RCS2014-37
抄録 (和) 日本の天頂付近に8時間程度留まることが可能な準天頂衛星(QZS)を活用し,高精度な位置情報とポケベル程度の簡単なデータ/メッセージを双方向通信できる準天頂衛星システム(QZSS)の開発が進められている.本稿では,長拡散符号を用いたスペクトラム拡散(SS)を用いて,高い拡散利得の確保と数100万に及ぶ多数のユーザ収容を目指すSS-CDMA通信システムのフェージング環境における基本特性について検討を行う.都市部において仰角45度程度の静止衛星との通信を考えると,伝送路は1波レイリーフェージング環境になると想定される.本稿では,ユーザ間の周波数・時刻同期および伝送路推定を理想としたときの1波レイリーフェージング環境について,パケット誤り率(PER)を指標として計算機シミュレーションにより検討した.その結果,CDMA(code division multiple access)の収容率100 %においてインタリーブ適用時に時速12 km程度までのユーザの移動に対応可能であり,収容率を50 %に減らすことで時速36 km程度の移動速度においても時速12 kmの場合と同等のPER特性が得られることを示した. 
(英) Quasi-Zenith Satellite System (QZSS) is expected to provide a high accurate positioning service and allows two-way communication which includes the terminal position information and short messages. In this paper, transmission performance of spread spectrum code division multiple access (SS-CDMA) system in fading environment is evaluated. In urban areas, it will be assumed that a transmission channel becomes one-path Rayleigh fading environment because terminals communicate with the geostationary satellite of 45 ascending vertical angles. We examined the fundamental transmission performance of one-path Rayleigh fading environment using computer simulation when the frequency and time synchronization among all terminals, and channel estimation is ideal. It was shown that can respond to movement of the users to around 12 km/h with interleave in state near accommodation rate 100 % of the full load of CDMA. Moreover, when the number of accommodation users was reduced in half from the full load, it was shown that the same performance as the PER characteristics of about 12 km/h can be obtained at the time of the movement speed of about 36 km/h.
キーワード (和) 準天頂衛星 / 準天頂衛星システム / スペクトラム拡散 / 符号多元接続 / SS-CDMA / レイリーフェージング環境 / /  
(英) Quasi Zenith Satellite (QZS) / Quasi Zenith Satellite System (QZSS) / Spread Spectrum (SS) / Code Division Multiple Access (CDMA) / SS-CDMA / Rayleigh fading environment / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 86, RCS2014-37, pp. 31-36, 2014年6月.
資料番号 RCS2014-37 
発行日 2014-06-10 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-37

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2014-06-17 - 2014-06-19 
開催地(和) 沖縄県青年会館(那覇) 
開催地(英) Okinawa-ken Seinenkaikan (Naha) 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,国際ワークショップ,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QZSSショートメッセージSS-CDMA通信のレイリーフェージング環境における基本特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission Performance of QZSS Short Message Communication SS-CDMA in Rayleigh Fadaing Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 準天頂衛星 / Quasi Zenith Satellite (QZS)  
キーワード(2)(和/英) 準天頂衛星システム / Quasi Zenith Satellite System (QZSS)  
キーワード(3)(和/英) スペクトラム拡散 / Spread Spectrum (SS)  
キーワード(4)(和/英) 符号多元接続 / Code Division Multiple Access (CDMA)  
キーワード(5)(和/英) SS-CDMA / SS-CDMA  
キーワード(6)(和/英) レイリーフェージング環境 / Rayleigh fading environment  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋元 浩平 / Kohei Akimoto / アキモト コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 裕士 / Yuji Miyake / ミヤケ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平 明徳 / Akinori Taira / タイラ アキノリ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-17 09:40:00 
発表時間
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-37 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会