お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-14 14:05
書く過程の提示における学習者の主観評価と視線分析
岡崎泰久野口千樹佐賀大)・吉川 厚東工大ET2014-15
抄録 (和) 本研究では,板書のように書いていく過程が提示された場合と,最終結果だけが提示された場合が,学習者にどのような違いを生むのかを,学習者自身による主観評価と,アイトラッカーを用いた視線分析により,分析した.その結果,学習者の主観評価と視線の動きに関係があることがわかった.書く過程が提示されることを有用だと評価する人とそうでない人で,視線の動きに違いがあり,そうした実験結果に基づいて,書く過程を提示することが,理解に与える影響について考察した. 
(英) In this paper, we have investigated differences between the case where learners looked presentation of information being written as if on a blackboard and one where learners were simply presented the final form of information by subjective assessment and eye tracker gaze analysis. We have found that there are characteristic patterns between the eye movements and subjective assessment of learners. There are differences of eye movement among those who appreciate that presentation of writing process is useful and those who do not. Based on experimental results, we have discussed contribution of sequential presentation of the writing process to learners’ constitutive understanding.
キーワード (和) 視線 / アイトラッカー / 書く過程 / 板書 / スライド / / /  
(英) Gaze / Eye Tracker / Writing Process / Blackboard / Slide / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 82, ET2014-15, pp. 39-44, 2014年6月.
資料番号 ET2014-15 
発行日 2014-06-07 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2014-15

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2014-06-14 - 2014-06-14 
開催地(和) 静岡大学(浜松キャンパス) 
開催地(英) Shizuoka Univ. (Hamamatsu Campus) 
テーマ(和) 先進的演習システム/一般 
テーマ(英) Advanced System for Exercises, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2014-06-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 書く過程の提示における学習者の主観評価と視線分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Gage Analysis and Subjective Assessment of Learners in the Presentation of the Writing Processes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視線 / Gaze  
キーワード(2)(和/英) アイトラッカー / Eye Tracker  
キーワード(3)(和/英) 書く過程 / Writing Process  
キーワード(4)(和/英) 板書 / Blackboard  
キーワード(5)(和/英) スライド / Slide  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 泰久 / Yasuhisa Okazaki / オカザキ ヤスヒサ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 千樹 / Senju Noguxhi / ノグチ センジュ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 厚 / Atsushi Yoshikawa / ヨシカワ アツシ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-14 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-15 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.82 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2014-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会