お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-13 15:20
MR画像を用いた大腿骨遠位部における成長軟骨の厚さ分析
田中翔太林 豊彦新潟大)・渡邉 聡新潟医療センター)・古賀良生二王子温泉病院)・大森 豪新潟医療福祉大MBE2014-24
抄録 (和) 成長軟骨は,骨端部に介在する板形状の軟骨組織で,骨を成長させる機能をもつ.そのため,その損傷は骨成長を阻害することになる.そこで成長軟骨の形態について,解剖学的・組織学的に研究が行われてきた.しかし従来,成長軟骨は開いた曲面のサーフェスモデルで表現されており,3次元的には表現されていなかった.その理由は,MR画像上では成長軟骨の骨幹側の境界が不明確であるためである.そこで本研究では,成長軟骨の厚さの定量評価を目的とした.MR画像上では,成長軟骨部分は,骨端から骨幹方向に画像の濃度がしだいに変化する.そこで,明瞭な骨端側から骨幹側への濃度変化に指数関数$f(x)=be^{-ax}$を最小二乗法で当てはめ,aを厚みに関するパラメータとした.健常膝6例を用いた実験から,成長軟骨は中央部が厚く,周辺部が薄い傾向にあることが明らかとなった. 
(英) The growth plate is a planar cartilage located in the epiphysis, having a function of growing bone. Then its damage results in the abnormal growth of the bone, motivating us to carry out its anatomical and histological studies. Its morphological models, however, has been represented as a simple open-surface by neglecting its 3-dimansional features, because the boundary between the bone and the plate is unclear in MR images. Then this study aimed at a quantitative valuation of the thickness of the plate. In MR images, the image density of the plate changes gradually from the epiphysis to the diaphysis. Then we fitted an exponential curve, $f(x)=be^{-ax}$, to such gradual change of the density, where parameter a can be interpreted as an evaluation of its thickness. Experiments using six healthy knees demonstrated that the plate tends to be thick and thin in its central and peripheral portions, respectively.
キーワード (和) 成長軟骨 / 大腿骨 / 3次元ソリッドモデル / 形状分析 / MR画像 / / /  
(英) Growth plate / Femur / 3-dimensional solid model / Shape analysis / MR image / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 79, MBE2014-24, pp. 57-62, 2014年6月.
資料番号 MBE2014-24 
発行日 2014-06-06 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2014-24

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2014-06-13 - 2014-06-13 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univerisity 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2014-06-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MR画像を用いた大腿骨遠位部における成長軟骨の厚さ分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MR imaging-based thickness analysis of the growth plate in the femoral distal end 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 成長軟骨 / Growth plate  
キーワード(2)(和/英) 大腿骨 / Femur  
キーワード(3)(和/英) 3次元ソリッドモデル / 3-dimensional solid model  
キーワード(4)(和/英) 形状分析 / Shape analysis  
キーワード(5)(和/英) MR画像 / MR image  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 翔太 / Shota Tanaka / タナカ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 豊彦 / Toyohiko Hayashi / ハヤシ トヨヒコ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 聡 / Satoshi Watanabe / ワタナベ サトシ
第3著者 所属(和/英) 新潟医療センター (略称: 新潟医療センター)
Niigata Medical Center (略称: Niigata Medical Center)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古賀 良生 / Yoshio Koga / コガ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 二王子温泉病院 (略称: 二王子温泉病院)
Ninouji Hot Spring Hospital (略称: Ninouji Hot Spring Hospital)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 豪 / Go Omori / オオモリ ゴウ
第5著者 所属(和/英) 新潟医療福祉大学 (略称: 新潟医療福祉大)
Niigata University of Health and Welfare (略称: Niigata Univ. of Health and Welfare)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-13 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2014-24 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.79 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2014-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会