お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-13 11:40
触刺激に伴う身体動揺における空間的パターンの効果に関する研究
長谷川 諒水野統太内田雅文電通大MBE2014-18
抄録 (和) 日常生活において姿勢制御の果たす役割は大きく,姿勢制御機構に問題が生じた場合の補助は必要不可欠である.そこで,振動触覚刺激を用いて所望の方向へ身体を動揺させる方法について検討した.本研究では,被験者の腹部と背部に8個ずつ取り付けた振動子間にそれぞれの部位内及び部位間で時間差を与え,時間的空間的なパターンを作成する.体幹部に作成した触刺激を提示した際に生じる身体動揺をハイスピードカメラ,重心動揺計,加速度センサにより計測することで,それぞれのパターンが持つ効果について考察する. 
(英) In this research, we examined the technique evoked body sway to intended direction by vibrotactile stimulation. It is necessary to evoke body sway to intended direction for the assist of postural control. Therefore this study proposes the device creating temporal and spatial tactile stimulation pattern by giving temporal difference among vibrations. We measured the body sway associated with stimulus presentation by using a high-speed camera, stabilometer, and acceleration sensor. We considered the effect of each pattern for the body sway.
キーワード (和) 触覚 / 身体動揺 / 仮現運動 / / / / /  
(英) Tactile sense / Body sway / Apparent movement / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 79, MBE2014-18, pp. 27-32, 2014年6月.
資料番号 MBE2014-18 
発行日 2014-06-06 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2014-18

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2014-06-13 - 2014-06-13 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univerisity 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2014-06-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 触刺激に伴う身体動揺における空間的パターンの効果に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Extract of Body-Sway Evoked by Temporal and Spatial Tactile Stimulation Pattern 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 触覚 / Tactile sense  
キーワード(2)(和/英) 身体動揺 / Body sway  
キーワード(3)(和/英) 仮現運動 / Apparent movement  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 諒 / Ryo Hasegawa / ハセガワ リョウ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 統太 / Tota Mizuno / ミズノ トウタ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 雅文 / Masafumi Uchida / ウチダ マサフミ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-13 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2014-18 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.79 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2014-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会