電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-13 13:30
ガウシアンコピュラに基づく3変量ソフトウェアテスト進捗度評価モデル
木村光宏上田浩太郎法政大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,ソフトウェア開発におけるシステムテスト工程の進捗管理を想定して,3変量によるテスト進捗度評価モデルを提案する.ここで取り扱う3変量は,テスト実施日ごとに取りまとめられた,発見されたソフトウェアフォールト数,消化されたテストケース数,および除去されたソフトウェアフォールト数の日次データである.モデル化に際して,3変量のガウシアンコピュラ(正規コピュラ)を適用し,その3つの周辺分布はパラメータの異なる対数正規分布を用いた.以下においては,モデル化について述べたのち,実測データを用いてパラメータ推定を行い,それら3変量の同時分布から導出した短期予測としての上側95{%}信頼限界を数値例として示す.このモデルはテスト工程終盤における進捗度管理の補助情報を与えるものとして用いることができるのではないかと考える. 
(英) In this study, we propose a trivariate software testing-progress assessment model. The model has three variables which are the number of detected software faults, the number of digested test cases, and the number of removed software faults. Upon the modeling, we employ a Gaussian copula function which has three log-normal marginal distributions and their dependency parameters. By using our model, a real data set is analyzed and we show a 3-dimensional chart to predict the software testing progress as a numerical example.
キーワード (和) ソフトウェアテスト / コピュラ / テスト進捗度 / / / / /  
(英) software test / copula / testing progress / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 78, R2014-9, pp. 1-5, 2014年6月.
資料番号 R2014-9 
発行日 2014-06-06 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2014-06-13 - 2014-06-13 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 電子・電気機器の信頼性,故障解析,信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2014-06-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ガウシアンコピュラに基づく3変量ソフトウェアテスト進捗度評価モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3-Variate Software Testing-Progress Assessment Model Based on A Gaussian Copula 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェアテスト / software test  
キーワード(2)(和/英) コピュラ / copula  
キーワード(3)(和/英) テスト進捗度 / testing progress  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 光宏 / Mitsuhiro Kimura / キムラ ミツヒロ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 浩太郎 / Kotaro Ueda / ウエダ コウタロウ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-13 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2014-9 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.78 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-R-2014-06-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会