お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-12 15:45
スモールセルにおけるアンテナビームチルトの容量増加効果
吉田 翔吉原龍彦川合裕之井原泰介瀧口貴啓柳生健吾NTTドコモAP2014-47
抄録 (和) 近年、移動通信におけるトラヒック容量を増大させる技術の一つとして,マクロセル内のユーザが集中するエリアに比較的送信電力の小さいスモールセルを配置する方法が検討されている.本報告では,スモールセルの基地局アンテナに比較的小型のアンテナを用いた場合における,ビームチルトの効果についてシステムレベルシミュレーションによるスループット評価を行った.その結果ユーザスループット観点では,アンテナのチルト角を高チルト角に設定することでスモールセル周辺のユーザに関してスループットを大幅に向上すること,セクタスループット観点では,スモールセル間距離が小さい場合には高チルト化によりセクタ全体のスループットが大きく向上することをそれぞれ示す. 
(英) Recently, introduction of small cells with lower transmission power in hotspots within macro cells is being studied as a promising technique to enhance the capacity of data traffic in mobile radio. In this report, effect of beam tilt on the throughput performance is investigated for the case of small cells with relatively small antennas. Results from system-level simulations show that, in terms of user throughput, larger tilt angle settings for small cell antennas benefits users near the small cell base stations, while in terms of sector throughput, larger tilt angle settings are preferred when small cells are located closely to each other.
キーワード (和) スモールセル / チルト / 小型アンテナ / / / / /  
(英) small cell / tilt / small antenna / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 76, AP2014-47, pp. 41-46, 2014年6月.
資料番号 AP2014-47 
発行日 2014-06-05 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2014-47

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2014-06-12 - 2014-06-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-06-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スモールセルにおけるアンテナビームチルトの容量増加効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) System Capacity Improvement by Application of Small Cell Antenna Vertical Tilt 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スモールセル / small cell  
キーワード(2)(和/英) チルト / tilt  
キーワード(3)(和/英) 小型アンテナ / small antenna  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 翔 / Sho Yoshida / ヨシダ ショウ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO,INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉原 龍彦 / Tatsuhiko Yoshihara / ヨシハラ タツヒコ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO,INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川合 裕之 / Hiroyuki Kawai / カワイ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO,INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井原 泰介 / Taisuke Ihara / イハラ タイスケ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO,INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀧口 貴啓 / Takahiro Takiguchi / タキグチ タカヒロ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO,INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳生 健吾 / Kengo Yagyu / ヤギュウ ケンゴ
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO,INC. (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-12 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-47 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.76 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-06-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会