お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-07 14:10
GPSの相対位置関係を用いた新たな位置特定手法に関する一検討
石黒康平金 帝演鶴岡高専ITS2014-3
抄録 (和) 本稿では,ビル街などで電波が反射することにより発生するGPS測位の誤差を考慮し,歩行者などを目的地まで正確に案内をするための位置特定手法について検討し,性能評価を行う.従来,都市部の高層建築物が乱立した場所ではGPSの測位誤差が大きい.GPS端末同士の距離が近い場合は受信環境が同じであり,GPSに同様な測位傾向が見られ,端末同士の相対位置の差は小さいと予測される.そこで,目的地にGPS端末を設置し,ユーザの持つGPS端末との相対位置関係を用いて誤差の小さい位置特定を行うことが可能と考えられる.具体的に,異なる端末間の誤差傾向,固定端末と移動端末の相対位置関係について評価を行う.これらの結果から本手法の利用可能性を示している. 
(英) In this paper, we evaluate a positioning method using the relative position of GPS. Because GPS signals are reflected by a street lined with large buildings in urban areas, the positioning by GPS has error. In case that the distance between GPS receivers is near, the error trend of estimated position is similar. The difference between the estimated positions by GPS is small. We discuss the method using the relative position of destination’s GPS and user’s GPS. We carry out the performance evaluation that error tendency of fixed GPS receivers at experimental places and the relative position fixed GPS receivers and a moving receiver. These results show the feasibility of the system.
キーワード (和) GPS / 相対位置関係 / 誤差傾向 / リアルタイム / / / /  
(英) GPS / relative position of GPS / tendency of error positioning / Real time / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 74, ITS2014-3, pp. 17-22, 2014年6月.
資料番号 ITS2014-3 
発行日 2014-05-31 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2014-3

研究会情報
研究会 ITS  
開催期間 2014-06-07 - 2014-06-07 
開催地(和) 東北工業大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ITSコア技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2014-06-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GPSの相対位置関係を用いた新たな位置特定手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Studies of the novel positioning method using the relative position of GPS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(2)(和/英) 相対位置関係 / relative position of GPS  
キーワード(3)(和/英) 誤差傾向 / tendency of error positioning  
キーワード(4)(和/英) リアルタイム / Real time  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石黒 康平 / Kohei Ishiguro /
第1著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
Tsuruoka National College of Technology (略称: Tsuruoka NCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 帝演 / Jeyeon Kim /
第2著者 所属(和/英) 鶴岡工業高等専門学校 (略称: 鶴岡高専)
Tsuruoka National College of Technology (略称: Tsuruoka NCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-07 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2014-3 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.74 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2014-05-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会