お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-06-05 13:35
[招待講演]二経路認証によるネットバンクの不正アクセス対策 ~ 中間者攻撃(Man-In-The-Middle/Browser)の防御方法 ~
藤井治彦NTTIA2014-1 ICSS2014-1
抄録 (和) インターネットバンキングにおいて,本人に成りすまして不正送金をする事件が
増加している.攻撃方法も高度化しており中間者攻撃やサーバ証明書の不正取得など,
従来のワンタイムパスワードや乱数表では対策困難なものが出現してきている.
また従来技術は安全性の課題以外にも,経済性,利便性の面での改善も望まれている.
本発表では,インターネット上での本人認証時に,あらかじめ登録した電話機から電話し,
発信者番号の確認を行うことにより本人認証を行う方式を提案する.
インターネットとは異なりクローズドな電話網を利用することによる安全性や,
トークンの運用管理コストの不要化,電話をかけるだけなのでITリテラシが低い層でも
利用できる特性がある.また提案方式の商用化に向け,新規登録など運用面についても考察した. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 中間者攻撃 / 二経路認証 / 発信者番号 / ネットバンク / 不正アクセス / ニ段階認証 / 二要素認証 /  
(英) Man-In-The-Browser Attack / Man-In-The-Middle Attack / Caller ID / net banking / illegal access / 2 step authentication / two path authentication / two factor authentication  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 70, IA2014-1, pp. 1-5, 2014年6月.
資料番号 IA2014-1 
発行日 2014-05-29 (IA, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2014-1 ICSS2014-1

研究会情報
研究会 ICSS IA  
開催期間 2014-06-05 - 2014-06-06 
開催地(和) 神戸大学 瀧川記念学術交流会館 大会議室 
開催地(英) Takikawa Memorial Hall, Kobe University 
テーマ(和) インターネットセキュリティ、一般 
テーマ(英) Internet Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2014-06-ICSS-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二経路認証によるネットバンクの不正アクセス対策 
サブタイトル(和) 中間者攻撃(Man-In-The-Middle/Browser)の防御方法 
タイトル(英) A two-path authentication for protecting net banking against illegal access 
サブタイトル(英) How to prevent Man-In-The-Middle/Browser Attack 
キーワード(1)(和/英) 中間者攻撃 / Man-In-The-Browser Attack  
キーワード(2)(和/英) 二経路認証 / Man-In-The-Middle Attack  
キーワード(3)(和/英) 発信者番号 / Caller ID  
キーワード(4)(和/英) ネットバンク / net banking  
キーワード(5)(和/英) 不正アクセス / illegal access  
キーワード(6)(和/英) ニ段階認証 / 2 step authentication  
キーワード(7)(和/英) 二要素認証 / two path authentication  
キーワード(8)(和/英) / two factor authentication  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 治彦 / Haruhiko Fujii / フジイ ハルヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-06-05 13:35:00 
発表時間 50 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2014-1,IEICE-ICSS2014-1 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.70(IA), no.71(ICSS) 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IA-2014-05-29,IEICE-ICSS-2014-05-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会