お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 15:15
多重ループの自動パイプライン化手法とその評価
中辻裕亮南部真宏神戸尚志近畿大VLD2014-9
抄録 (和) システムLSIの大規模化,複雑化に対し,C言語設計による設計期間の短縮及び設計最適化が注目されており、その回路の高速化には,パイプライン処理が有効な方法の一つである.
回路規模を大きく増大させることなく,段数分の高速化が得られるからである.
しかし,データ依存関係がある多重ループに対するパイプライン化設計は時間を要する.
著者等は,動作合成システムの一つであるBachシステムにおける動作記述において,
自動的に多重ループからデータ依存関係を抽出しパイプライン化を実現するアルゴリズムを研究している。
本文ではこのアルゴリズムを幾つかの回路に適用し,その性能を評価する. 
(英) Nested loop pipelining with keeping data dependency is a key transformation in high-level synthesis tools as it helps maximizing both computational throughput and hardware utilization.
We have been researching automatic nested loop pipelining algorithm for C language based design.
In this paper, the performance of our algorithm is evaluated using several application.
キーワード (和) ループパイプライン / 多重ループ / C言語設計 / データ依存関係 / / / /  
(英) loop pipelining / nested loop / C language based design / deta dependency / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 59, VLD2014-9, pp. 57-62, 2014年5月.
資料番号 VLD2014-9 
発行日 2014-05-22 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2014-9

研究会情報
研究会 VLD IPSJ-SLDM  
開催期間 2014-05-28 - 2014-05-29 
開催地(和) 北九州国際会議場 11会議室 
開催地(英) Kitakyushu International Conference Center 
テーマ(和) システム設計および一般(5月28日はLSIとシステムのワークショップと共同企画) 
テーマ(英) System Design, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2014-05-VLD-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多重ループの自動パイプライン化手法とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Automatic Nested Loop Pipelining Method and Its Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ループパイプライン / loop pipelining  
キーワード(2)(和/英) 多重ループ / nested loop  
キーワード(3)(和/英) C言語設計 / C language based design  
キーワード(4)(和/英) データ依存関係 / deta dependency  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中辻 裕亮 / Yusuke Nakatsuji / ナカツジ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 南部 真宏 / Masahiro Nambu / ナンブ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神戸 尚志 / Takashi Kambe / カンベ タカシ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2014-9 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.59 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会