お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 14:30
[ポスター講演]歩行時の身体加速度と気持ちとの関係
林田和人渡辺仁史早大ASN2014-6
抄録 (和) 自分自身の心の状態(心理、感情)、また他人の心の状態を知ることができれば、以下にあげるようなサービスが可能となる。
・安心・安全ための支援:迷っている、また不安を持っている人などを検知し、適切な情報を提示する
・空間利用の促進:商業施設などで、欲求的な心理を検知し、購買意欲を増すなどの情報を提供する
・空間の評価:空間において出現する心理状態を累計し、たとえば不安を感じやすい空間を抽出する
しかし、生理反応、脳指標いずれのアプローチからでも、心の状態を正確に把握することは、たとえ自分自身の状態であっても困難である。
そこで本研究では、被験者の左腕、右腕、右足、腰に加速度計を装着し、「気分」(「つまらない」、「哀しい」、「不安だ」、「苛々する」、「恐ろしい」、「楽しい」、「興奮する」の7種類)と「歩行種類」(「空間歩行」、「気分歩行」、「演技歩行」、「過剰演技」の4種類)の組み合わせで歩行してもらい、それぞれの気持ちと歩行加速度との関係を明らかにした。 
(英) The following services will be attained if the state of man's heart is known.
- Support of a relief and safety sake: Those who are straying are detected and suitable information is shown.
- Promotion of space use: A visitor's desire is got to know. And the information which increases a visitor's attractiveness to consumers is disseminated to a visitor.
- Evaluation of space: Sensitive space is extracted for uneasiness.
Even if it is in its own state, it will be difficult to grasp the state of the heart correctly from any approach of the physiology reaction which extracts sensitive space for uneasiness, and a brain index.
In this research, equipped a subject's left arm, a right arm, a right leg, and the waist with the accelerometer, it was made to walk in the combination of "mood" (Seven kinds, Boring, Sad, Uneasy, Irritation, Fearful, Fun, and Excitement) and "walk kind" (Four kinds, Usually, Feeling, Performance, and Excess performance), and the relation of each feeling and walk acceleration was clarified.
キーワード (和) 加速度 / 気持ち / 心理 / 歩行 / / / /  
(英) Acceleration / Feelings / Psychology / Walk / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 65, ASN2014-6, pp. 25-27, 2014年5月.
資料番号 ASN2014-6 
発行日 2014-05-22 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2014-6

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 東京大学先端科学技術研究センター An棟2階 コンベンションホール 
開催地(英) Convention Hall, RCAST, The University of Tokyo 
テーマ(和) 知的環境, センサネットワーク, スマート建築, スマートシティ, 構造モニタリング,
ゼロエネルギービルディング, 社会基盤センシング, BIM/CIM, 国土基盤モデル, 一般
建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援
土木学会・土木情報学委員会後援 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2014-05-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歩行時の身体加速度と気持ちとの関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relation between feelings and body acceleration at the time of the walk 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 加速度 / Acceleration  
キーワード(2)(和/英) 気持ち / Feelings  
キーワード(3)(和/英) 心理 / Psychology  
キーワード(4)(和/英) 歩行 / Walk  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林田 和人 / Kazuto Hayashida / ハヤシダ カズト
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 仁史 / Hitoshi Watanabe /
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 14:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2014-6 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.65 
ページ範囲 pp.25-27 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-ASN-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会