電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 14:55
事象関連電位によるテレビゲームの熱中度の測定:対戦相手の有無の違い
久保賢太川合伸幸名大HCS2014-15 HIP2014-15
抄録 (和) 近年ゲーム研究の分野では,ゲームは1人で行うのではなく,誰かと対戦することで,より楽しく感じると考えられるようになった.しかし,「だれかと対戦すること」で,高まる動機づけや楽しさ(または没入感)を客観的な指標で測定できるかどうかは不明である.本研究では,ゲーム中に無関係な刺激を呈示し,その刺激に対する注意を測定することで,深い没入感を測定できると予測した.実験では,ゲームを単独でプレイする条件と,相手(サクラ)と対戦する条件を設け,ゲームとは無関係な音刺激に対して注意を反映する事象関連電位(P300)を測定した.その結果,対戦条件では音刺激に対するP300は減少し,主観的な興味・面白さ・楽しさが増大していた.これらの結果から,対戦相手の存在は,ゲームに多くの注意を向けさせ,興味や面白さが強い状態を作り出す,つまり深い没入感を生じさせることを明らかにした. 
(英) Previous studies on video game suggested that the existence of opponent players increases competitive motivation and enjoyment of the game playing. However, it is not clear whether these increased motivation and enjoyment (i.e., high engagement) can be measured by an objective index. We hypothesized that attentional reactions to disrupt stimuli would reflect such highly engaged state. This study examined whether the competitive playing with an opponent player increase the attention resource to the video game than playing with the computer player. In this study, the participants played alone (single condition) or played with the fake player (competitive condition), while their brain activity was measured by means of event-related potential (P300) which reflects the attention resource to the task-irrelevant auditory stimuli. Results showed the amplitude of P300 in the competitive condition was smaller than that in the single condition, indicating that the playing with the opponent player increased the attention resource to the video game than playing alone. The subjective enjoyment, excitement, and happiness in the competitive condition were higher than those in the single condition. These results suggest that the existence of an opponent player makes participants high attention, enjoyment, happiness and excitement, that seem to reflect high engagement state in the video game playing.
キーワード (和) ゲーム / ビデオゲーム / テレビゲーム / 事象関連電位 / EEG / ERP / P300 / 没入感  
(英) game / video game / event-related potential / ERP / P300 / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 68, HIP2014-15, pp. 119-123, 2014年5月.
資料番号 HIP2014-15 
発行日 2014-05-22 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-15 HIP2014-15

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援およびコミュニケーション一般,ヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Enhancing, Human Communications, and Human Information Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2014-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 事象関連電位によるテレビゲームの熱中度の測定:対戦相手の有無の違い 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The event-related potential (ERP) component (P300) reflects enthusiasm for playing the video game: The existence of an opponent increases immersion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ゲーム / game  
キーワード(2)(和/英) ビデオゲーム / video game  
キーワード(3)(和/英) テレビゲーム / event-related potential  
キーワード(4)(和/英) 事象関連電位 / ERP  
キーワード(5)(和/英) EEG / P300  
キーワード(6)(和/英) ERP /  
キーワード(7)(和/英) P300 /  
キーワード(8)(和/英) 没入感 /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 賢太 / Kenta Kubo / クボ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川合 伸幸 / Nobuyuki Kawai /
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HCS2014-15,IEICE-HIP2014-15 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.67(HCS), no.68(HIP) 
ページ範囲 pp.119-123 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-HCS-2014-05-22,IEICE-HIP-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会