お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 09:20
劣勾配法による半周近似配線長の解析的最小化
香山聡太宮下 弘北九州市大VLD2014-3
抄録 (和) 集積回路の物理設計では品質の良い配置がチップ上の資源の有効利用と回路性能の向上のために必須である。通常, 最適配置は半周近似配線長(HPWL)の総和の最小化により求める。従来, 解析的配置のためのアルゴリズムとしてネットのクリークモデル基づき目的関数として2次関数を使う2次配置とHPWLをlog-sum-exp関数により近似し非線形最適化を適用する手法が使われてきた。本論文では微分可能ではない凸関数の最小化に適用できる劣勾配法をHPWLの最小化に適用する手法の検討結果と適用例を示した。 
(英) In this paper, we propose a subgradient method to minimize half-perimeter wire length(HPWL) for circuit placement. Among circuit placement algorithms researched to date, analytical placement algorithms obtain recognition for achieving the best placement quality for large-scale circuit designs. Those methods use max and min functions which calculate the maximum and the minimum valuesof the coordinates of pins for nets. Since the max and min functions are nondifferentiable, approximate functions such as log-sum-exp function have been used to minimize total HPWL. The quality of the resultant placement is estimated by total HPWL over all nets. We describe how to apply subgradient methods to minimize total HPWL itself. Finally, an experimental result is also shown.
キーワード (和) 回路配置 / 解析的配置 / 半周近似配線長 / 劣勾配法 / / / /  
(英) circuit placement / analytical placement / half-perimeter wire length / subgradient methods / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 59, VLD2014-3, pp. 13-18, 2014年5月.
資料番号 VLD2014-3 
発行日 2014-05-22 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2014-3

研究会情報
研究会 VLD IPSJ-SLDM  
開催期間 2014-05-28 - 2014-05-29 
開催地(和) 北九州国際会議場 11会議室 
開催地(英) Kitakyushu International Conference Center 
テーマ(和) システム設計および一般(5月28日はLSIとシステムのワークショップと共同企画) 
テーマ(英) System Design, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2014-05-VLD-SLDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 劣勾配法による半周近似配線長の解析的最小化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Subgradient Method for Analytical Minimization of Half-Perimeter Wirelength 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 回路配置 / circuit placement  
キーワード(2)(和/英) 解析的配置 / analytical placement  
キーワード(3)(和/英) 半周近似配線長 / half-perimeter wire length  
キーワード(4)(和/英) 劣勾配法 / subgradient methods  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 香山 聡太 / Sohta Kayama / カヤマ ソウタ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 弘 / Hiroshi Miyashita / ミヤシタ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2014-3 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.59 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会