お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 14:30
[ポスター講演]MIMOメッシュネットワークにおける自己組織化マップを用いた状態監視法の一検討
峰松容浩岡田 啓小林健太郎片山正昭名大ASN2014-26
抄録 (和) 無線メッシュネットワークにMIMO (Multiple-Input Multiple-Output) を用いたMIMO メッシュネットワークを検討する.MIMO では空間多重を行なっており,通信路の影響を受けやすくネットワーク全体の性能が変化しやすい.安定したMIMO メッシュネットワークの運用を行うためにはネットワークの状態監視が必要である.状態監視を行うためにはネットワークにおける無線リンク間の特徴を見つけることが重要である.本稿では,MIMO メッシュネットワークにおいて,テストベッドを用いてリンク品質を測定する.そして測定したリンク品質に対して自己組織化マップ(SOM: Self-Organizing Map) を用いる.その結果,リンク毎の関係性や特徴量毎の関係性を把握することができることを示す. 
(英) We focus on MIMO mesh networks, which consist of wireless nodes supporting MIMO transmission. In MIMO mesh networks, tiny channel variation influence a link quality, and it results in the fluctuation of network performances such
as throughput. For stable operation of a MIMO mesh network, it is important to monitor its characteristics. For monitoring the network, it is important to know relationship among wireless links. In this study, we measure the link quality in our testbed, and use SOM (Self-Organizing Map) to find the characteristics among wireless links. As a result, we clarify the possibility to find the relationship among links for each characteristic.
キーワード (和) 無線メッシュネットワーク / IEEE 802.11n / SOM / ネットワーク状態監視 / / / /  
(英) Wireless Mesh Networks / IEEE 802.11n / SOM / Monitoring / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 65, ASN2014-26, pp. 87-90, 2014年5月.
資料番号 ASN2014-26 
発行日 2014-05-22 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2014-26

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 東京大学先端科学技術研究センター An棟2階 コンベンションホール 
開催地(英) Convention Hall, RCAST, The University of Tokyo 
テーマ(和) 知的環境, センサネットワーク, スマート建築, スマートシティ, 構造モニタリング,
ゼロエネルギービルディング, 社会基盤センシング, BIM/CIM, 国土基盤モデル, 一般
建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援
土木学会・土木情報学委員会後援 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2014-05-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMOメッシュネットワークにおける自己組織化マップを用いた状態監視法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on State Monitoring Using Self-Organizing Map for MIMO Mesh Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線メッシュネットワーク / Wireless Mesh Networks  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.11n / IEEE 802.11n  
キーワード(3)(和/英) SOM / SOM  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク状態監視 / Monitoring  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 峰松 容浩 / Yoshihiro Minematsu / ミネマツ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健太郎 / Kentaro Kobayashi / コバヤシ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 正昭 / Masaaki Katayama / カタヤマ マサアキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 14:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2014-26 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.65 
ページ範囲 pp.87-90 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ASN-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会