お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 09:50
ソフトウェア定義計測機器の実現に向けたHTML5による信号表示性能の検証
袁 超静岡大)・浦野千春金子晋久産総研)・猿渡俊介静岡大)・渡辺 尚阪大ASN2014-1
抄録 (和) 筆者らは,計測機器をソフトウェア化し,研究者や技術者が用途に応じてソフトウェアを自分自身の手で変更するだけで実験系を自由自在に構築・拡張可能とするソフトウェア定義計測機器を実現することを目指している.これに向け,本稿では,ユーザインタフェースの実現方法による性能の違いを検証する.具体的には,実装方式としてLAMP(Linux,Apache,MySQL,PHP),Jetty,今回フルスクラッチで実装したsdlhttpd の3 つに関して,通信インタフェースとしてAjax を用いたものとWebSocket を用いた場合の2 つに関して,信号表示遅延やCPU 負荷を比較評価する. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) ソフトウェア定義計測機器 / 可視化 / HTML5 / Ajax / WebSocket / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 65, ASN2014-1, pp. 1-6, 2014年5月.
資料番号 ASN2014-1 
発行日 2014-05-22 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2014-1

研究会情報
研究会 ASN  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 東京大学先端科学技術研究センター An棟2階 コンベンションホール 
開催地(英) Convention Hall, RCAST, The University of Tokyo 
テーマ(和) 知的環境, センサネットワーク, スマート建築, スマートシティ, 構造モニタリング,
ゼロエネルギービルディング, 社会基盤センシング, BIM/CIM, 国土基盤モデル, 一般
建築学会・スマート建築モニタリング応用小委員会後援
土木学会・土木情報学委員会後援 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2014-05-ASN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソフトウェア定義計測機器の実現に向けたHTML5による信号表示性能の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Signal Viewer using HTML5 for Software Defined Instruments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア定義計測機器 /  
キーワード(2)(和/英) 可視化 /  
キーワード(3)(和/英) HTML5 /  
キーワード(4)(和/英) Ajax /  
キーワード(5)(和/英) WebSocket /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 袁 超 / Cho Yuan / エン チョウ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦野 千春 / Chiharu Urano / ウラノ チハル
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 晋久 / Nobu-hisa Kaneko / カネコ ノブヒサ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 猿渡 俊介 / Shunsuke Saruwatari / サルワタリ シュンスケ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 尚 / Takashi Watanabe / ワタナベ タカシ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2014-1 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.65 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会