電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 13:30
話者印象を保持するための韻律的特徴に基づいた区分的話速変換
小野貴大斎藤博人武川直樹東京電機大HCS2014-7 HIP2014-7
抄録 (和) 話速変換は原音声の音高を保ち,再生時間のみを任意の長さに加工する時間伸縮処理である.
話速変換技術により加工した音声は,音高を保持しているため話者(個人性)の特定は可能だが,原音声が有する感情印象が変容することが知られている.
そこで本研究では,韻律的特徴を操作することなく,原音声が有する「感情印象」と「個人性」の両方を保持する話速変換手法を開発することを目的とする.
本稿では,話速変換の時間伸長率を文節ごとに設定する区分的話速変換処理手法を提案し,これによって処理した音声に対する評価実験を報告する.
評価実験の結果,再生時間長が同じになる条件では,提案手法が,全区間を一定の伸長率とする方法と比べて,覚醒度印象の低下を抑制できることが示された. 
(英) Time-scale modification is a time-stretching technique for changing playback durations with preserving their pitches.
The method preserves original pitch information and can maintain speakers' personal characters.
However, converted signals may convey different affective impressions of speakers.
The aim of this study is to develop a novel time-scale modificationd by preserving a speakers' affective impressions and personality.
In the paper, we introduce and evaluate a piecewise rate variable conversion, where time-expansion rate is given to phrase by phrase based on the fundamental frequencies and magnitudes of phrase.
Evaluation results indicate that piecewise variable rate conversation improves affective impressions compared to fixed rate conversion method.
As a result, the proposed time-stretch method maintains the degree of awakening compare with the conventional time-stretch method, performed in the same conditions of reproduction time.
キーワード (和) 話速変換 / 韻律的特徴 / 話者印象 / / / / /  
(英) Time-Scale Modification / Prosodic Features / Speakers' Impressions / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 67, HCS2014-7, pp. 55-60, 2014年5月.
資料番号 HCS2014-7 
発行日 2014-05-22 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-7 HIP2014-7

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援およびコミュニケーション一般,ヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Enhancing, Human Communications, and Human Information Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 話者印象を保持するための韻律的特徴に基づいた区分的話速変換 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Piecewise time-scale modification based on prosodic features that maintains Speakers' impressions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 話速変換 / Time-Scale Modification  
キーワード(2)(和/英) 韻律的特徴 / Prosodic Features  
キーワード(3)(和/英) 話者印象 / Speakers' Impressions  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 貴大 / Takahiro Ono /
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学大学院 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 博人 / Hiroto Saito /
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武川 直樹 / Naoki Mukawa /
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-7,IEICE-HIP2014-7 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.67(HCS), no.68(HIP) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2014-05-22,IEICE-HIP-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会