電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-29 11:15
視覚におけるチャンネル間ギャップ検出 ~ 空間周波数の事例 ~
廣瀬信之山本美和森 周司九大HCS2014-4 HIP2014-4
抄録 (和) 聴覚では周波数内無音検出と比べて周波数間無音検出において時間分解能が低下することが知られており,これは無音を挟む先行マーカーと後続マーカーの処理チャンネルの観点から説明されている.また,ヒトの視覚系では特定の周波数帯域に対して選択的に応答する複数の空間周波数チャンネルが存在すると考えられている.本研究では,Gaborパッチを時間マーカーとした時間的ギャップ検出課題を用いて2つの実験を行い,視覚における時間分解能を測定した.ギャップ前後のマーカーの周波数は,周波数内条件では同一であり,周波数間条件では異なった.実験の結果,周波数間条件では周波数内条件と比べて感度の低下が認められ,空間周波数次元におけるチャンネル間処理によって時間分解能が低下することが示唆された. 
(英) It is known that, in the auditory domain, temporal resolution is lowered in across-frequency than in within-frequency gap detection. This decrease in the temporal acuity is explained in terms of the processing channel of the leading and trailing markers of the gap. The human visual system is thought to contain channels each of which selectively responds to a limited range of spatial frequencies. In the present study, we conducted two temporal gap detection experiments with Gabor patches as the temporal markers to measure temporal resolution in vision. The leading and trailing markers were of identical frequency in the within-frequency conditions, and were of different frequencies in the across-frequency conditions. The results showed that the gap sensitivity decreased in the across-frequency as compared to the within-frequency conditions, suggesting that the across-channel processing in the spatial frequency domain lowers temporal resolution.
キーワード (和) 時間分解能 / 時間的ギャップ検出 / 視覚 / 空間周波数 / / / /  
(英) Temporal Resolution / Temporal Gap Detection / Vision / Spatial Frequency / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 68, HIP2014-4, pp. 17-21, 2014年5月.
資料番号 HIP2014-4 
発行日 2014-05-22 (HCS, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2014-4 HIP2014-4

研究会情報
研究会 HCS HIP HI-SIGCE  
開催期間 2014-05-29 - 2014-05-30 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) コミュニケーション支援およびコミュニケーション一般,ヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Communication Enhancing, Human Communications, and Human Information Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2014-05-HCS-HIP-SIGCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚におけるチャンネル間ギャップ検出 
サブタイトル(和) 空間周波数の事例 
タイトル(英) Across-channel temporal gap detection in vision 
サブタイトル(英) The case of spatial frequency 
キーワード(1)(和/英) 時間分解能 / Temporal Resolution  
キーワード(2)(和/英) 時間的ギャップ検出 / Temporal Gap Detection  
キーワード(3)(和/英) 視覚 / Vision  
キーワード(4)(和/英) 空間周波数 / Spatial Frequency  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 信之 / Nobuyuki Hirose / ヒロセ ノブユキ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 美和 / Miwa Yamamoto / ヤマモト ミワ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 周司 / Shuji Mori / モリ シュウジ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-29 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HCS2014-4,IEICE-HIP2014-4 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.67(HCS), no.68(HIP) 
ページ範囲 pp.17-21 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-HCS-2014-05-22,IEICE-HIP-2014-05-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会