電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-25 11:30
[一般発表]歌声解体図を用いた歌声間の類似度評価
小島 俊・○齋藤 毅三好正人金沢大SP2014-29
抄録 (和) 本研究は,異なる歌声間の“歌い方”と“声質”の聴感的な類似度を規定する音響特徴を詳細に検討するための分析フレームワークとして,歌声解体図を提案する.
歌声解体図とは,歌声信号を複数の歌声固有の音響的特徴に分解・記述した新しい音響的な表現である.
人間の評価による声質・歌い方に関する歌唱間の類似度と,歌声解体図で求めた類似度を比較することで,各印象の類似性判断に寄与する音響特徴を調査した.
実験の結果,「声質」の類似度には声域とフォルマント周波数の2つの要素が重要であることが確認できた.
「歌い方」の類似度は,一人一人が様々な要素から取捨選択を行い,声質の類似度と合わせて複合的に判断していることがわかった.
また,聴取者毎に評価で使用する特徴量に違いがあり,歌声解体図によってこの違いを調査できることが示された. 
(英) In this paper, we investigate the acoustic characteristics affecting auditory impressions, a "vocal timbre" and a "way of singing", by using the novel acoustic representation of a singing voice called an "Acoustic Singing Structure".
The acoustic singing-structure is constructed by decomposing the singing voice into a number of acoustic characteristics unique to the singing voice.
We did the comparative analysis of the similarities among the auditory impressions calculated by using the acoustic singing-structure and similarities evaluated through psychoacoustic experiments.
The results showed the similarity about the vocal timbre could be calculated by using a vocal range and lower formant frequencies.
And the similarities about the way of singing were calculated by using the vocal range, the lower formant frequencies, and some dynamic characteristics.
By using the acoustic singing-structure, differences of evaluation among individuals were calculable.
キーワード (和) 歌声解体図 / 歌声の類似度 / 声質 / 歌い方 / 歌声固有の音響特徴 / 歌声知覚 / /  
(英) Acoustic Singing Structure / singing voice similarity / acoustic features unique to singing voice / vocal timbre / way of singing / singing voice perception / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 52, SP2014-29, pp. 315-319, 2014年5月.
資料番号 SP2014-29 
発行日 2014-05-17 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2014-29

研究会情報
研究会 SP IPSJ-MUS  
開催期間 2014-05-24 - 2014-05-25 
開催地(和) 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 
開催地(英)  
テーマ(和) 音学シンポジウム2014 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2014-05-SP-MUS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) [一般発表]歌声解体図を用いた歌声間の類似度評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of singing voice similarity based on "acoustic singing-structure" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歌声解体図 / Acoustic Singing Structure  
キーワード(2)(和/英) 歌声の類似度 / singing voice similarity  
キーワード(3)(和/英) 声質 / acoustic features unique to singing voice  
キーワード(4)(和/英) 歌い方 / vocal timbre  
キーワード(5)(和/英) 歌声固有の音響特徴 / way of singing  
キーワード(6)(和/英) 歌声知覚 / singing voice perception  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 俊 / Shun Kojima / コジマ シュン
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 毅 / Takeshi Saitou / サイトウ タケシ
第2著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 正人 / Masato Miyoshi / ミヨシ マサト
第3著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-25 11:30:00 
発表時間 240 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2014-29 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.52 
ページ範囲 pp.315-319 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SP-2014-05-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会