電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-23 14:35
IEEE802.22 WRANにおける多次元TCMの特性評価
佐々木重信・○内田拓人新潟大SR2014-18
抄録 (和) 本報告ではIEEE802.22 WRAN(Wireless Regional Area Network)における多次元符号化変調の効果を評価した。IEEE802.22はTVホワイトスペース (TVWS)を利用する無線通信規格として標準化された. IEEE802.22規格では, 一次変調にQAM, 二次変調にOFDMが用いられている. 本報告では伝送速度の向上, 通信路誤りへの耐性と一次変調におけるピーク電力対平均電力比 (PAPR)の抑制をねらいとしてQAM変調に代わり, 多次元符号化変調を適用し、特性評価を行った. Weiによる構成法をもとにした4次元TCMをIEEE802.22システムに適用し、従来の畳み込み符号化とQAMの場合と比較を行った。シミュレーション結果より、MD-TCMとOFDMに周波数インターリーブを組み合わせることにより、従来のIEEE802.22システムよりも大きな特性の改善が得られることを示した。 
(英) In this paper, error rate performance of multidimensional trellis coded modulation (MD-TCM) in the IEEE 802.22 wireless regional area network (WRAN). The IEEE 802.22 is a wireless communication standard operating over TV white space (TVWS). In IEEE802.22, QAM is used for data mapping and OFDM is used for modulation. In this paper , multidimensional trellis-coded modulation (MD-TCM) is applied for data mapping instead of conventional coding and QAM. 4-dimensional TCM based on Wei construction is applied to the IEEE 802.22 WRAN. Simulation results show that the MD-TCM is superior on the error rate performance comparing conventional coding and QAM under same bit rate condition. This performance advantage becomes larger when frequency interleaving is equipped with OFDM.
キーワード (和) TCM / 多次元符号化変調 / OFDM / IEEE802.22 / インターリーブ / / /  
(英) TCM / multidimensional coded modulation / OFDM / IEEE802.22 / interleaving / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 44, SR2014-18, pp. 119-126, 2014年5月.
資料番号 SR2014-18 
発行日 2014-05-15 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2014-18

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2014-05-22 - 2014-05-23 
開催地(和) 東芝研修センター 
開催地(英) Toshiba Education & Training Institute 
テーマ(和) 技術展示・製品展示,コグニティブ/ソフトウェア無線, ヘテロジニアスネットワーク,一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, Product Exhibition, Cognitive Radio, Software Defined Radio, Heterogeneous Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2014-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE802.22 WRANにおける多次元TCMの特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Multidimensional TCM for the IEEE 802.22 WRAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TCM / TCM  
キーワード(2)(和/英) 多次元符号化変調 / multidimensional coded modulation  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(4)(和/英) IEEE802.22 / IEEE802.22  
キーワード(5)(和/英) インターリーブ / interleaving  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 重信 / Shigenobu Sasaki / ササキ シゲノブ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 拓人 / Takuto Uchida / ウチダ タクト
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-23 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-18 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.119-126 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2014-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会