お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-23 15:00
120 GHz帯偏波共用並列給電32×32素子導波管スロットアレーアンテナの設計と試作
橋本敬裕東工大)・竹内 淳NTT)・広川二郎東工大)・枚田明彦NTT)・安藤 真東工大MW2014-38 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-38
抄録 (和) 本稿では,60GHz帯偏波共用並列給電16×16素子導波管スロットアレーアンテナを,動作周波数と利得向上のために120 GHz帯において32×32素子で設計した.電磁界シミュレーターHFSSを用いて全構造解析した結果,VSWR≦1.5の設計周波数125 GHzにおける比帯域幅はS11の場合7.6%,S22の場合8.8%となった.また,帯域内において50 dB以上と十分なアイソレーションも得た.両偏波において設計周波数における利得が38.5 dBiでアンテナ効率85%という結果も得られた. 
(英) In this paper, we design a dual-polarization corporate-feed plate-laminated waveguide 32x32-slot array antenna for 120 GHz band in order to increase the operating frequency band and the gain. As a result of the simulation by HFSS, the bandwidth for VSWR less than 1.5 at the design frequency of 125 GHz is 7.6% (S11) and 8.8% (S22), respectively. The isolation is more than 50 dB over the above bandwidth. The gain of both polarizations is 38.5 dBi at 125 GHz with the antenna efficiency of 85%.
キーワード (和) ミリ波 / 導波管スロットアレー / 偏波共用 / 120 GHz帯 / / / /  
(英) millimeter wave / waveguide slot array / dual polarization / 120 GHz band / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 45, MW2014-38, pp. 85-90, 2014年5月.
資料番号 MW2014-38 
発行日 2014-05-15 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2014-38 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-38

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2014-05-22 - 2014-05-23 
開催地(和) 同志社大 
開催地(英) Doshisha Univ. 
テーマ(和) マイクロ波一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2014-05-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 120 GHz帯偏波共用並列給電32×32素子導波管スロットアレーアンテナの設計と試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Fabrication of a Dual-polarization Corporate-feed Waveguide 32x32-slot Array Antenna for 120 GHz Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波 / millimeter wave  
キーワード(2)(和/英) 導波管スロットアレー / waveguide slot array  
キーワード(3)(和/英) 偏波共用 / dual polarization  
キーワード(4)(和/英) 120 GHz帯 / 120 GHz band  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 敬裕 / Keisuke Hashimoto / ハシモト ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 淳 / Jun Takeuchi / タケウチ ジュン
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 広川 二郎 / Jiro Hirokawa / ヒロカワ ジロウ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 枚田 明彦 / Akihiko Hirata / ヒラタ アキヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 真 / Makoto Ando / アンドウ マコト
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-23 15:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2014-38 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.45 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2014-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会