電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-23 11:25
共振器内部に非線形媒質を挿入したモード同期レーザの超短パルス化および広帯域化に関する非線形波動伝播解析
丸小淳幸木村大介下條直哉西尾正敏奥西弘旭加唐賢人京元敬介吉田武志嶋林恭輔川戸 栄福井大エレソ技報アーカイブへのリンク:LQE2014-12
抄録 (和) 蛍光スペクトル幅のフーリエ変換限界を超えた超短パルス化を目指して、共振器内に非線形媒質を挿入したカーレンズモード同期Yb:YAGレーザの試作と共振器内の非線形波動伝播解析を行った。実験からパルス幅104 fs、スペクトル幅26 nmが得られた。また、試作した共振器のパラメータにおいて非線形媒質の持つ高い非線形による3次の非線形効果を考慮した超短パルス光生成シミュレーションによりパルス幅35fs、スペクトル幅50nmが得られ、非線形媒質を挿入することでYb:YAGのフーリエ限界を超えるパルス幅を持つ超短パルスの発生が可能であることを示した。 
(英) To generate the ultrashort pulse which overcome the fluorescence spectrum limit of the gain materials, we composed Kerr-lens mode-locked Yb:YAG laser with an intra-cavity highly nonlinear medium and analyzed wave propagation in the cavity. We obtained the pulse width of 65 fs and the spectrum width of 17 nm in experiment. We also obtained the pulse width of 35 fs and the spectrum width of 50 nm in theoretical analysis. These results show potential that the ultrashort pulse generation can overcome the limit of any gain material by the innovative scheme.
キーワード (和) Yb:YAG / カーレンズモード同期 / 超短パルス / 理論解析 / / / /  
(英) Yb:YAG / Kerr-lens modelocking / ultra-short pulse / theoretical analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 46, LQE2014-12, pp. 53-56, 2014年5月.
資料番号 LQE2014-12 
発行日 2014-05-15 (LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 LQE LSJ  
開催期間 2014-05-22 - 2014-05-23 
開催地(和) 福井大学文京キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 量子光学、非線形光学、超高速現象、レーザ基礎、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2014-05-LQE-LSJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共振器内部に非線形媒質を挿入したモード同期レーザの超短パルス化および広帯域化に関する非線形波動伝播解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wave propagation analysis for ultrashort pulse and broadband mode-locked Yb:YAG lasers with an intra-cavity highly nonlinear medium 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Yb:YAG / Yb:YAG  
キーワード(2)(和/英) カーレンズモード同期 / Kerr-lens modelocking  
キーワード(3)(和/英) 超短パルス / ultra-short pulse  
キーワード(4)(和/英) 理論解析 / theoretical analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸小 淳幸 / Akiyuki Maruko / マルコ アキユキ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 大介 / Daisuke Kimura / キムラ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 下條 直哉 / Naoya Shimojo / シモジョウ ナオヤ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 正敏 / Masatoshi Nishio / ニシオ マサトシ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥西 弘旭 / Hiroaki Okunishi / オクニシ ヒロアキ
第5著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 加唐 賢人 / Kento Kato / カトウ ケント
第6著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 京元 敬介 / Keisuke Kyomoto / キョウモト ケイスケ
第7著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 武志 / Takeshi Yoshida / ヨシダ タケシ
第8著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶋林 恭輔 / Kyosuke Shimabayashi / シマバヤシ キョウスケ
第9著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 川戸 栄 / Sakae Kawato / カワト サカエ
第10著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-23 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-LQE2014-12 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.46 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-LQE-2014-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会