お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-22 12:45
[技術展示]災害時に有効な衛星通信ネットワーク: ソフトウェア無線技術を用いたマルチモードVSATの開発
亀田 卓東北大)・小熊 博富山高専)・笹沼 満スカパーJSAT)・江口 茂アイ・エス・ビー)・黒田幸明サイバー創研)・末松憲治東北大SR2014-8
抄録 (和) 大規模災害時において地上系通信インフラが地震・津波などで損壊した場合にも,災害の影響を受けにくい衛星通信システムにより,被災地のニーズに応じた通信回線確保を円滑に図るための研究開発を行った.開発したマルチモード VSAT (very small aperture terminal) は,ソフトウェア無線技術を用いて複数の衛星通信方式に接続可能である.また,避難所などにおいて被災者自身が装置を簡単に起動させることができ,自分自身のスマートフォンやノートパソコンなどを用いて衛星回線経由でインターネットへアクセスできる環境を提供できる.東日本大震災で大きな津波被害を受けた宮城県山元町にて本開発装置を用いた実証実験を行った. 
(英) In situation of large-scale disaster, land communication infrastructure was seriously damaged. The importance of secure satellite communication such as very small aperture terminal (VSAT) systems has been recognized. In order to satisfy the various demands for the urgent life line recovery, we have started an R&D project of "Satellite Communication Networks Valid for Disaster Recovery" as the next generation VSAT system.
キーワード (和) 衛星通信 / VSAT (very small aperture terminal) / ソフトウェア無線 / コグニティブ無線 / マルチモード / 大規模災害 / /  
(英) satellite communication / very small aperture terminal (VSAT) / software defined radio (SDR) / cognitive radio (CR) / multi-mode / large-scale disaster / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 44, SR2014-8, pp. 49-56, 2014年5月.
資料番号 SR2014-8 
発行日 2014-05-15 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2014-8

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2014-05-22 - 2014-05-23 
開催地(和) 東芝研修センター 
開催地(英) Toshiba Education & Training Institute 
テーマ(和) 技術展示・製品展示,コグニティブ/ソフトウェア無線, ヘテロジニアスネットワーク,一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, Product Exhibition, Cognitive Radio, Software Defined Radio, Heterogeneous Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2014-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 災害時に有効な衛星通信ネットワーク: ソフトウェア無線技術を用いたマルチモードVSATの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Satellite Communication Networks Valid for Disaster Recovery: Development of Multi-Mode VSAT Using SDR Technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / satellite communication  
キーワード(2)(和/英) VSAT (very small aperture terminal) / very small aperture terminal (VSAT)  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェア無線 / software defined radio (SDR)  
キーワード(4)(和/英) コグニティブ無線 / cognitive radio (CR)  
キーワード(5)(和/英) マルチモード / multi-mode  
キーワード(6)(和/英) 大規模災害 / large-scale disaster  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 博 / Hiroshi Oguma / オグマ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 富山高等専門学校 (略称: 富山高専)
Toyama National College of Technology (略称: Toyama National College of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹沼 満 / Mitsuru Sasanuma / ササヌマ ミツル
第3著者 所属(和/英) スカパーJSAT株式会社 (略称: スカパーJSAT)
SKY Perfect JSAT Corporation (略称: SKY Perfect JSAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 江口 茂 / Shigeru Eguchi / エグチ シゲル
第4著者 所属(和/英) 株式会社アイ・エス・ビー (略称: アイ・エス・ビー)
ISB Corporation (略称: ISB)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 幸明 / Komei Kuroda / クロダ コウメイ
第5著者 所属(和/英) 株式会社サイバー創研 (略称: サイバー創研)
Cyber Creative Institute (略称: Cyber Creative Institute)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-22 12:45:00 
発表時間 180 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-8 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.49-56 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2014-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会