お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-22 12:45
[技術展示]QoE志向型無線LANシステムの開発
矢野一人関口真理子宮坂朋宏有吉正行小林 聖ATRSR2014-4
抄録 (和) 筆者らは,複数の無線システムが混在する周波数帯域において,より重要かつより多くのアプリケーションに対する要求運用品質充足に向けた,QoE(quality of experience)志向型無線システムを提案している.本提案システムはスペクトラムセンシング結果とアプリケーショントラフィックの優先度,ならびに要求QoE充足状況に基づき要求QoEが達成可能なアプリケーションとその数を予測し,これに基づきリソース割り当てを行う.この度,提案無線LANのフレーム送受信機,ならびにスペクトラムセンシングを行うセンシングノードを試作し,提案システムを開発した.本稿では試作した送受信機ならびにセンシングノードを紹介するとともに,電波暗室内における提案システムの伝送実験結果の一例を紹介する. 
(英) In order to provide enough level of quality of experience (QoE) to more applications with more importance operating on a shared frequency band, we have proposed a QoE-oriented wireless LAN (WLAN) system. The proposed system performs channel access control for each application traffic according to its priority and QoE sufficiency, and the usage of radio resource measured by spectrum sensing. This paper introduces a prototype system of our proposed WLAN which consists of two types of nodes, "frame transceiver" and "spectrum sensing node." It also presents a result of experimental performance evaluation of the proposed system conducted in an anechoic chamber.
キーワード (和) QoE充足 / アクセス制御 / 無線LAN / スループット予測 / ハードウェア開発 / / /  
(英) QoE satisfaction / channel access control / wireless LAN / throughput prediction / hardware development / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 44, SR2014-4, pp. 23-30, 2014年5月.
資料番号 SR2014-4 
発行日 2014-05-15 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2014-4

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2014-05-22 - 2014-05-23 
開催地(和) 東芝研修センター 
開催地(英) Toshiba Education & Training Institute 
テーマ(和) 技術展示・製品展示,コグニティブ/ソフトウェア無線, ヘテロジニアスネットワーク,一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, Product Exhibition, Cognitive Radio, Software Defined Radio, Heterogeneous Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2014-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QoE志向型無線LANシステムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of QoE-oriented wireless LAN system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QoE充足 / QoE satisfaction  
キーワード(2)(和/英) アクセス制御 / channel access control  
キーワード(3)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(4)(和/英) スループット予測 / throughput prediction  
キーワード(5)(和/英) ハードウェア開発 / hardware development  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano / ヤノ カズト
第1著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 関口 真理子 / Mariko Sekiguchi / セキグチ マリコ
第2著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮坂 朋宏 / Tomohiro Miyasaka / ミヤサカ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 有吉 正行 / Masayuki Ariyoshi / アリヨシ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 聖 / Kiyoshi Kobayashi / コバヤシ キヨシ
第5著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-22 12:45:00 
発表時間 180 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-4 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.23-30 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2014-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会