お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-22 16:15
[招待講演]ソフトウエア無線に向けたA/D変換技術
松澤 昭東工大SR2014-11
抄録 (和) ソフトエア無線やコグニティブ無線の実現のためには高周波回路技術とともにA/D変換器(ADC)の進化が欠かせない。そこで本講演ではソフトウエア無線に必要とされるADCの技術と性能動向を示すとともに,技術開発のポイントや可能性を論じ,最後に研究室で現在開発を進めているADCについて紹介した。
ADCは信号帯域が広いほど実現できる精度が低くなり,消費電力も上がるため,無線通信の仕様を慎重に検討する必要がある。またA/D変換器のクロックジッタを低減する必要があり,0.1psジッタの実現が目標となる。1個のADCで殆どの無線通信規格を満足し,最少の消費電力で動作するスケーラブルADCは可能であり,ミリ波帯に使用するGHzサンプリングのADCとして時間領域処理の利用が効果的であることを示した。また今後のアナログコアは規則的なレイアウトを用いレイアウトまでの設計自動化を図ったプログラマブルアナログ技術を用いて開発される可能性があることを示した。 
(英) A progress of Analog to Digital converter (ADC) technology is vital for realizing Software Defined Radios and Cognitive Radios, as well as that of RF circuit technology. This talk will show the basic progress and the performance trend of ADCs and discuss the technical points and possibility. Also, the ADC technologies which are being developed in our laboratory are introduced. The accuracy of ADC is degraded and the power consumption is increased along with increase of signal band width, thus the required specification for the wireless communication should be determined carefully. The clock jitter of the ADC degrades the performance and it should be lowered to 0.1 ps. The scalable ADC which can be used for multi-standard wireless systems with lowest power consumption is possible and the use of the time-domain signal processing is effective to the GHz conversion ADC. Finally the programmable analog technology which can generate layout pattern automatically based on the orderly layout pattern has high possibility in future analog core design.
キーワード (和) A/D変換器 / ソフトウエア無線 / コグニティブ無線 / ミリ波通信 / / / /  
(英) Analog to Digital Converter / Software Defined Radio / Cognitive Radio / Millimeter Wave / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 44, SR2014-11, pp. 69-76, 2014年5月.
資料番号 SR2014-11 
発行日 2014-05-15 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2014-11

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2014-05-22 - 2014-05-23 
開催地(和) 東芝研修センター 
開催地(英) Toshiba Education & Training Institute 
テーマ(和) 技術展示・製品展示,コグニティブ/ソフトウェア無線, ヘテロジニアスネットワーク,一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, Product Exhibition, Cognitive Radio, Software Defined Radio, Heterogeneous Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2014-05-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソフトウエア無線に向けたA/D変換技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analog to Digital Conversion Technology for Software Defined Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) A/D変換器 / Analog to Digital Converter  
キーワード(2)(和/英) ソフトウエア無線 / Software Defined Radio  
キーワード(3)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(4)(和/英) ミリ波通信 / Millimeter Wave  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松澤 昭 / Akira Matsuzawa / マツザワ アキラ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-22 16:15:00 
発表時間 45 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2014-11 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.69-76 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2014-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会