電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-16 14:30
視線と手の動きの同時計測装置開発
高比良英朗菊池 慧山田光穗東海大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) これまで行われてきた人の視線の動きの計測では頭部を固定して眼球運動のみを計測する場合が多く,本来の視線の動きである頭部運動を加味した計測はあまり行われていない.日常生活上では頭部を固定した状態で視対象を見ることはないことから,我々は従来手法とは異なる人の視線の動きを総合的に解析する計測装置の開発を行っている.これまでの眼球運動に加え,頭部運動を同時に計測し,人本来の視線の動きを検出可能にした計測装置の開発をした.また,携帯端末を見るような手元を見る場合には,携帯端末の揺れや上下左右に動かす手の動きも視線の動きに影響すると考えられることから,視線の動きと同時に手の動きも計測できる装置とした. 
(英) In conventional measurement of gaze movement research, head is fixed and only eye movement is measured in many cases. Measurement which considered head movement is not many. On everyday life, since head is free, we are developing the measurement device which can analyzes gaze movement comprehensively. This device can measure simultaneously eye and head movement, detect the original gaze movement. Moreover, when we look at mobile devices, it is considered that gaze movement is affected by hand movement. Then, we developed the measurement device which can measure simultaneously gaze and hand movement.
キーワード (和) 視線の動き / 眼球運動 / 頭部運動 / 手の動き / / / /  
(英) Gaze movement / Eye movement / Head movement / Hand movement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 35, IMQ2014-4, pp. 17-20, 2014年5月.
資料番号 IMQ2014-4 
発行日 2014-05-09 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2014-05-16 - 2014-05-16 
開催地(和) 東海大学 高輪キャンパス 
開催地(英) Takanawa Campus, Tokai University 
テーマ(和) イメージ・メディア・クオリティ全般 
テーマ(英) Image Media Quality 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2014-05-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視線と手の動きの同時計測装置開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of simultaneous measurement device of gaze and hand movement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視線の動き / Gaze movement  
キーワード(2)(和/英) 眼球運動 / Eye movement  
キーワード(3)(和/英) 頭部運動 / Head movement  
キーワード(4)(和/英) 手の動き / Hand movement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高比良 英朗 / Hideaki Takahira / タカヒラ ヒデアキ
第1著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 慧 / Kei Kikuchi / キクチ ケイ
第2著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 光穗 / Mitsuho Yamada / ヤマダ ミツホ
第3著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-16 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2014-4 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.35 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IMQ-2014-05-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会