お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-16 14:15
群知能を用いたクラスタリング手法のトラヒック分類への適用と評価
須恵 匠大下裕一村田正幸阪大IN2014-15
抄録 (和) 性能要求に応じてトラヒックの分類・識別を行う手法のとして,トラヒックの統計情報をもとにした手法が注目されている.
これらの手法では各フローの統計情報を取得し,機械学習を用いて各フローの分類を行う.
機械学習手法の中でも,特にクラスタリングと呼ばれる類似のデータを集めたクラスタを構成する手法は
事前に各分類先の特徴を学習することなく分類を行うことが可能である.
クラスタリング手法に関する研究の中でも特に生物学に知見を得た手法が,
クラスタリングの正確性と計算量のバランスの良さから注目を集めている.
これらの新たなクラスタリング手法をトラヒック分類に適用することにより,正確な分類と短い計算時間での分類の両立が可能となると考えられる.
しかしながら,これらの新たな手法をトラヒック分類へ適用した際の性能については,十分な議論が行われていない.

本稿では, Web アプリケーションによるトラヒックの分類に焦点をあて,トラヒック分類機に生物学の知見にもとづいた分類手法の適用性について評価を行う.
評価の結果,生物学の知見に基づいたAntTreeを用いることにより,次々と到着するフローをアプリケーションの種類ごとに分類することが可能であり,全フローの情報を取得後にK means++法で分類した場合と同程度の分類精度を達成することができることが明らかになった. 
(英) One approach to classify the Internet traffic is to use the statistical information of traffic.
In this approach, the traffic is classified based on the statistical information by the machine learning.
One of the popular machine learning techniques is clustering.
In recent years, many clustering methods have been proposed. Among them, the bio-inspired clustering methods can classify the data accurately with a small computational complexity/
However, the applicability of such new clustering methods to the traffic classification is not sufficiently discussed.
In this paper, we evaluate one of the bio-inspired clustering methods called AntTree when it is applied to the traffic classification.
The results show that the AntTree can classify Web application traffic accurately even when it is applied to the online classification.
キーワード (和) トラヒック分類 / クラスタリング / 群知能 / Web アプリケーション / / / /  
(英) Traffic Classification / Clustering / Swarm Intelligence / Web application / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 29, IN2014-15, pp. 37-42, 2014年5月.
資料番号 IN2014-15 
発行日 2014-05-08 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2014-15

研究会情報
研究会 IN RCS  
開催期間 2014-05-15 - 2014-05-16 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET、モバイルネットワーク、M2M通信制御、無線LAN(Wi-Fi)、IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-05-IN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 群知能を用いたクラスタリング手法のトラヒック分類への適用と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application and Evaluation of Clustering Methods Using Swarm Intelligence to Traffic Classification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラヒック分類 / Traffic Classification  
キーワード(2)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(3)(和/英) 群知能 / Swarm Intelligence  
キーワード(4)(和/英) Web アプリケーション / Web application  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 須恵 匠 / Takumi Sue / スエ タクミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大下 裕一 / Yuichi Ohsita / オオシタ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-16 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2014-15 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.29 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2014-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会