お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-15 13:00
WebRTCにおける付加サービス実現方式の一検討
坂谷精一古川 聖NTTNS2014-24
抄録 (和) 近年、Webブラウザ上でのリアルタイム通信の実現手段としてWebRTCが注目されている。現状では実験的なサービスや小規模なテレビ会議等、応用範囲が限定されているが、今後は既存の電話やVoIPで提供されている様な商用サービスへの応用が期待されている。そこで本稿では、WebRTCをコンタクトセンター型のサービスへ適用した際の課題について、ネットワーク構成と機能配備の観点から検討を行い、各ネットワーク構成毎の適切な機能配備方式について考察した。 
(英) The WebRTC is expected as a means for realizing the real-time communication on the Web browser. For application to traditional phone service can be expected, we were applying to study contact center service WebRTC. It considers in terms of function assignment and deployment network configuration, we have proposed a optimal function deployment for the network configuration of each.
キーワード (和) WebRTC / コンタクトセンター / 呼制御 / / / / /  
(英) WebRTC / Contact Center Service / Signaling / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 28, NS2014-24, pp. 1-4, 2014年5月.
資料番号 NS2014-24 
発行日 2014-05-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2014-24

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2014-05-15 - 2014-05-16 
開催地(和) 山梨大学 
開催地(英) Yamanashi Univ. 
テーマ(和) 高度プロトコル・ネットワーキング技術(IP及び高位レイヤルーチング・フィルタリング,マルチキャスト,品質・経路制御,IPNWの利用技術(P2P, P4P,オーバレイ,SIP,NGN),ネットワークシステム関連技術(システム構成法,インタフェース,アーキテクチャ,ハードウェア・ソフトウェア・ミドルウェア),一般 
テーマ(英) Advanced Protocol and Network Control (Application level routing, QoS and Path Control, P2P, P4P, SIP), Network System Architecture (Interface, Hardware, Software) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-05-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WebRTCにおける付加サービス実現方式の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on the multi-call supplementary services in WebRTC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WebRTC / WebRTC  
キーワード(2)(和/英) コンタクトセンター / Contact Center Service  
キーワード(3)(和/英) 呼制御 / Signaling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂谷 精一 / Seiichi Sakaya / サカヤ セイイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 聖 / Satoru Furukawa / フルカワ サトル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-15 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-24 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.28 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2014-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会