お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-15 10:55
FDD高次MIMO SDMにおけるキャリア周波数スワップを用いるTDD CSI-RS多重法
佐和橋 衛東京都市大)・川村輝雄柿島佑一NTTドコモRCS2014-20
抄録 (和) 本稿では,周波数分割デュープレクス(FDD: Frequency Division Duplex)を用いる高次Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) Spatial Division Multiplexing (SDM)におけるプリコーディング送信及びリンクアダプテーションに必要なチャネル状態情報(CSI: Channel State Information)推定のために,キャリア周波数スワップを行うTime Division Duplex (TDD) CSI参照信号(RS: Reference Signal)多重法を提案する.提案法ではサブフレーム内のCSI-RSを多重する1あるいは数FFTブロックのキャリア周波数を下りリンクと上りリンクでスワップする.提案のTDD CSI-RS多重法では,CSI-RSの多重数が送信アンテナ数で決まるため,下りリンクを対象とした場合,特にマルチユーザMIMO SDMでユーザ端末当たりの送信アンテナ数が少ないほど,CSI-RSのオーバヘッドを小さくできる.また,TDD CSI-RS多重では,従来のFDD方式で用いられていたCSI-RS多重法で必須であるChannel Quality Indicator (CQI), Rank Indicator (RI), Precoding Matrix Indicator (PMI)などのフィードバック情報が不要であるため,フィードバック情報のオーバヘッドを従来法に比較して大幅に低減することができる.本稿では,提案TDD CSI-RSの多重法及びメリット,ディメリットを述べる. 
(英) This paper proposes channel state information - reference signal (CSI-RS) multiplexing employing carrier frequency swapping for frequency division duplex (FDD) high-order multiple-input multiple-output (MIMO) spatial division multiplexing (SDM). In the proposed time division duplex (TDD) CSI-RS multiplexing method, carrier frequency of one or a few FFT blocks for multiplexing CSI-RS within a subframe is swapped in between downlink and uplink. By using the proposed TDD CSI-RS multiplexing method, CSI for precoding and link adaptation is estimated in the reverse link by taking advantage of the channel reciprocity feature. By using the proposed TDD CSI-RS multiplexing, RS overhead is decreased according the increase in the simultaneously accessing user equipment (UE) for multiuser MIMO SDM. Moreover, the proposed TDD CSI-RS multiplexing method does not need feedback signals including channel quality indicator (CQI), rank indicator (RI), and precoding matrix indicator (PMI), which leads to the significant decrease in the feedback signal overhead compared to the conventional CSI-RS multiplexing.
キーワード (和) MIMO SDM / CSI測定 / 参照信号 / フィードバック情報 / 伝搬路のreciprocity / FDD / /  
(英) MIMO SDM / channel state information measurement / reference signal / feedback signal / channel reciprocity / FDD / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 30, RCS2014-20, pp. 7-12, 2014年5月.
資料番号 RCS2014-20 
発行日 2014-05-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-20

研究会情報
研究会 IN RCS  
開催期間 2014-05-15 - 2014-05-16 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET、モバイルネットワーク、M2M通信制御、無線LAN(Wi-Fi)、IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-05-IN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FDD高次MIMO SDMにおけるキャリア周波数スワップを用いるTDD CSI-RS多重法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) CSI Reference Signal Multiplexing Using Carrier Frequency Swapping for FDD High-Order MIMO SDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO SDM / MIMO SDM  
キーワード(2)(和/英) CSI測定 / channel state information measurement  
キーワード(3)(和/英) 参照信号 / reference signal  
キーワード(4)(和/英) フィードバック情報 / feedback signal  
キーワード(5)(和/英) 伝搬路のreciprocity / channel reciprocity  
キーワード(6)(和/英) FDD / FDD  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿島 佑一 / Yuichi Kakishima / カキシマ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC., (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-15 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-20 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.30 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会