お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-15 13:00
[招待講演]LTE/EPC QoS制御概要
藤波 誠水越康博NECIN2014-8 RCS2014-22
抄録 (和) モバイルネットワークで行われる主な通信が音声からデータに移行するのに伴い,モバイルネットワークのアーキテクチャは回線交換とパケット交換の混合の形態からパケット交換だけの形態へと変化してきた.そこでは,音声呼もパケットに変換されて通信される.IPによるパケット交換には,回線増設が廉価且つ容易であり回線交換と比較して多数のユーザを同時に収容可能であり,という側面がある一方で,通過するスイッチやルータの数や回線の混み具合に応じて遅延が増加するという側面がある.特に今後普及が予想されるVoice Over Long Term Evolution (VoLTE)では,この遅延を最小限に抑え回線交換と同等の品質を確保することが技術的に重要となる.
そこで本稿では,3rd Generation Partnership Project (3GPP) release 8で標準化されたLTEでのパケット交換の仕組みにおいて,どのようにQoSの仕組みが導入されているかについて概説する. 
(英) While the better part of the communication in the mobile network has been changing from voice calls to data communication, the architecture of mobile network has also changed from the mixture of Circuit Switch (CS) and Packet Switch (PS) to the PS only. In the PS system, even voice calls have been converted to packets to transmit/receive. IP Packet Switch architecture has some advantages to the CS because it is easier and more reasonable to increase lines. Also, it is easier to accommodate much more users at the same time. On the other hand, an end-to-end delay would also increase depending on the number of routers and switches in between or how congested in the mobile network. Especially, as for the Voice over LTE (VoLTE) expected to be prevailed within a few years, it would become of much importance technologically in terms of delay to ensure that the quality of the voice stays the same as before.
In this report, we outline the current QoS architecture of the EPC/LTE.
キーワード (和) LTE / EPC / QoS / VoLTE / / / /  
(英) LTE / EPC / QoS / VoLTE / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 30, RCS2014-22, pp. 19-22, 2014年5月.
資料番号 RCS2014-22 
発行日 2014-05-08 (IN, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2014-8 RCS2014-22

研究会情報
研究会 IN RCS  
開催期間 2014-05-15 - 2014-05-16 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET、モバイルネットワーク、M2M通信制御、無線LAN(Wi-Fi)、IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-05-IN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE/EPC QoS制御概要 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Overview of the LTE/EPC QoS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE / LTE  
キーワード(2)(和/英) EPC / EPC  
キーワード(3)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(4)(和/英) VoLTE / VoLTE  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤波 誠 / Makoto Fujinami / フジナミ マコト
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水越 康博 / Yasuhiro Mizukoshi / ミズコシ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-15 13:00:00 
発表時間 45 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IN2014-8,IEICE-RCS2014-22 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.29(IN), no.30(RCS) 
ページ範囲 pp.1-4(IN), pp.19-22(RCS) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IN-2014-05-08,IEICE-RCS-2014-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会