お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-05-15 10:30
OFDM-MIMO SDMにおけるリソースブロック毎のブロック誤りに基づくMCS選択のアウターループ制御の特性
久下泰博東京都市大)・川村輝雄柿島佑一NTTドコモ)・佐和橋 衛東京都市大RCS2014-19
抄録 (和) 本稿では,Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM) - Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) Spatial Division Multiplexing (SDM)における,相互情報量 (MI: Mutual Information)に基づく適応変調・チャネル符号化 (AMC: Adaptive Modulation and Coding)のアウターループ制御を行ったときのブロック誤り率 (BLER: Block Error Rate)およびスループット特性を評価する.本稿では,リソースブロック(RB: Resource Block)単位のブロック誤りに基づいて,受信Signal-to-Noise power Ratio (SNR)から計算したMIの計算値を補正することにより,等価的に変調方式及びチャネル符号化率 (MCS: Modulation and Coding Scheme) 選択しきい値を補正するアウターループ制御を用いる.計算機シミュレーション結果より,目標BLERが10-1,10-2,10-3のとき,それぞれ平均受信SNRが4,6,8 dB程度以上の領域で目標BLERとほぼ等しいアウターループ制御が実現できることを示す.RBが復号誤りを生じた場合のステップサイズが,10-2 - 10-1程度の場合に,良好なBLER及びスループットを実現できることを示す.また,最大ドップラ周波数などの環境が変化した場合のBLERの高速収束を実現するために可変ステップサイズのアウターループ制御が有効であることを示す. 
(英) This paper presents performance of outer-loop control for selecting modulation and coding scheme (MCS) based on mutual information (MI) computed from the received signal-to-noise power ratio (SNR) for orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) - multiple-input multiple-output (MIMO) spatial division multiplexing (SDM). In the outer-loop control, the computed MI is updated based on the instantaneous block error in each resource block (RB) so that the required BLER is satisfied. Computer simulation results show that the accurate outer-loop control for adjusting the MCS selection threshold is achieved when the average received SNR is larger than approximately 4, 6, and 8 dB for the target BLER of 10-1, 10-2, and 10-3, respectively. We also show that the maximum throughput associated with the target BLER is achieved when the step size for block error detection is approximately 10-2 - 10-1. Moreover, we show the effectiveness of the outer-loop control employing the variable step size to achieve fast convergence of the BLER for the sudden change of the maximum Doppler frequency.
キーワード (和) 移動通信 / MIMO SDM / 適応変調・チャネル符号化 / 相互情報量 / アウターループ制御 / / /  
(英) mobile communications / MIMO SDM / AMC / mutual information / outer-loop control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 30, RCS2014-19, pp. 1-6, 2014年5月.
資料番号 RCS2014-19 
発行日 2014-05-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2014-19

研究会情報
研究会 IN RCS  
開催期間 2014-05-15 - 2014-05-16 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) アドホック・センサネットワーク・MANET、モバイルネットワーク、M2M通信制御、無線LAN(Wi-Fi)、IEEE802.15(ZigBee)及び一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2014-05-IN-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDM-MIMO SDMにおけるリソースブロック毎のブロック誤りに基づくMCS選択のアウターループ制御の特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Outer-Loop Control of MCS Selection Based on Block Error in Each Resource Block for OFDM-MIMO SDM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / mobile communications  
キーワード(2)(和/英) MIMO SDM / MIMO SDM  
キーワード(3)(和/英) 適応変調・チャネル符号化 / AMC  
キーワード(4)(和/英) 相互情報量 / mutual information  
キーワード(5)(和/英) アウターループ制御 / outer-loop control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久下 泰博 / Yasuhiro Kuge / クゲ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿島 佑一 / Yuichi Kakishima / カキシマ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC., (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-05-15 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2014-19 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.30 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2014-05-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会