電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-04-25 11:15
受信センサ間で観測波数が異なる場合の時間差測位におけるTDOAの同一電波源への対応付け方式
網嶋 武若山俊夫岡村 敦三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電波の到来時間差(TDOA : Time Difference Of Arrival)を用いた測位方式により2次元測位を行う場合, 3本の受信センサが必要である.しかしながら,複数の到来信号を混信受信する場合,相関演算の結果,複数のTDOAが得られ,また,受信センサ毎の受信感度の違いや電波源の指向性の影響で,受信センサペアによってTDOA数が異なる場合がある.また,各受信センサペアで得られたTDOAの同一電波源への対応付けも不明である.
本稿では,3本の受信センサで受信されている電波源数を推定し,各受信センサペアで得られたTDOAの同一電波源への対応付けを行う方式を提案した.計算機シミュレーションの結果,97%の正解率で電波源数の推定とTDOAの対応付けに成功した. 
(英) In this paper, Time Difference Of Arrival (TDOA) association problem in TDOA based localization is discussed. In two dimensional localization, at least three sensors are necessary to locate an emitter. When two or more emitters exist, there are multiple number of TDOAs obtained at each correlation process. In this case, it is necessary to associate TDOA to the right emitter. The problem here is that the number of TDOAs obtained at each correlation process could be different from the other. It happens when some of the emitted signals are received only at some of antennas, not all, due to directional pattern of antenna, blocking, and so forth. This paper proposes a TDOA association method when the number of TDOAs are different from one sensor pair to the other . The simulation result shows that the proposed method can associate TDOAs at the success rate of 97%.
キーワード (和) 到来時間差 / 対応付け / 測位 / 相関 / / / /  
(英) TDOA / Association / Localization / Correlation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 20, SANE2014-4, pp. 19-23, 2014年4月.
資料番号 SANE2014-4 
発行日 2014-04-18 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2014-04-25 - 2014-04-25 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) リモートセンシング, EW技術及び一般 
テーマ(英) Remote sensing, EW and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2014-04-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 受信センサ間で観測波数が異なる場合の時間差測位におけるTDOAの同一電波源への対応付け方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) TDOA association for TDOA localization when each sensor receives different number of Tx signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 到来時間差 / TDOA  
キーワード(2)(和/英) 対応付け / Association  
キーワード(3)(和/英) 測位 / Localization  
キーワード(4)(和/英) 相関 / Correlation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 網嶋 武 / Takeshi Amishima / アミシマ タケシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若山 俊夫 / Toshio Wakayama / ワカヤマ トシオ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 敦 / Atsushi Okamura / オカムラ アツシ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-04-25 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2014-4 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2014-04-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会