電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-04-18 14:00
帯域リソースの効率的利用のためのマルチネットワーク選択方式の一検討
前田浩明小島久史相原正夫NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 将来、アプリケーションのリッチ化等に伴うトラヒック量の爆発的増加が見込まれており、限られた帯域リソースの中で如何にトラヒックを収容し輻輳によるQoE低下を回避するかがネットワーク事業者の課題である。本稿では、複数のネットワークが利用可能な環境下において、従来方式であまり考慮されていないアプリケーション単位等の細かな粒度でのネットワークの選択利用により、トラヒックを効率的にネットワークに収容してユーザのQoEを向上させるための方式を提案し、その有効性を評価した。 
(英) In the future, The explosive growth in data traffic volume due to the enrichment of the application is expected. Accommodating the traffic and avoiding end-user's QoE degradation caused by network congestion are important for network operators. In this paper, we propose a multiple network selection mechanism per application for improving end-user's QoE by efficient use of multiple network bandwidth, and evaluate the effectiveness of our method.
キーワード (和) マルチネットワーク / ネットワーク選択技術 / ANDSF / IFOM / / / /  
(英) Multiple Networks / Network Selection Mechanism / ANDSF / IFOM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 6, NS2014-21, pp. 113-117, 2014年4月.
資料番号 NS2014-21 
発行日 2014-04-10 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2014-04-17 - 2014-04-18 
開催地(和) 石垣市民会館 
開催地(英) Ishigaki-City-Hall 
テーマ(和) トラヒック,NW評価,性能,リソース管理・制御,トラヒックエンジニアリング,NW信頼性・レジリエンシ,一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource Management/Control, Traffic Engineering, Reliability, Resiliency 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 帯域リソースの効率的利用のためのマルチネットワーク選択方式の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Multiple Networks Selection Mechanism for Efficient Use of Network Bandwidth 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチネットワーク / Multiple Networks  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク選択技術 / Network Selection Mechanism  
キーワード(3)(和/英) ANDSF / ANDSF  
キーワード(4)(和/英) IFOM / IFOM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 浩明 / Hiroaki Maeda / マエダ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 久史 / Hisashi Kojima / コジマ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 正夫 / Masao Aihara / アイハラ マサオ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-04-18 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-21 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.113-117 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2014-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会