お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-04-18 11:20
[依頼講演]27%動作電力削減と85%リーク削減を実現する2電源SRAM用ビット線電力計算回路およびデジタル制御リテンション回路
櫛田桂一橘 文彦平林 修武山泰久川澄 篤鈴木 東仁木祐介静野観椰子佐々木慎一矢部友章畝川康夫東芝ICD2014-13 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2014-13
抄録 (和) 2電源SRAMの動作電力およびリーク電力を低減するビット線電力計算回路およびデジタル制御リテンション回路を提案した。ビット線電力計算機は動作時のビット線電力をモニタし、SRAMの電力が最小となるようSRAMセルの動作電圧最適化を可能にする。またデジタル制御リテンション回路ではデジタルLDOを複数のSRAMで共有し、これを間欠動作させることでスタンバイ時の電力を大幅に削減した。0.120um2の6T SRAMを用いて28nm CMOSテクノロジーでテストチップを作製し、25℃での動作時とスタンバイ時の消費電力がそれぞれ27%と85%削減できることを確認した。本稿では特に本提案回路が効果的な室温付近での解析/実測結果および回路動作を中心に紹介する。 
(英) This paper presents a dual-power-supply SRAM that reduces active and stand-by power from room temperature (RT) to high temperature (HT) using a BL power calculator (BLPC) and a digitally controllable retention circuit (DCRC). A test-chip is fabricated in a 28nm CMOS technology with a 0.120μm2 6T-SRAM cell. With these schemes, active and standby power consumptions at 25°C are reduced by 27% and 85%, respectively.
キーワード (和) 2電源SRAM / 消費電力削減 / ビット線電力計算機 / デジタルLDO / / / /  
(英) A Dual-power supply SRAM / Power reduction / Digital LDO / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 13, ICD2014-13, pp. 65-70, 2014年4月.
資料番号 ICD2014-13 
発行日 2014-04-10 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2014-13 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2014-13

研究会情報
研究会 ICD  
開催期間 2014-04-17 - 2014-04-18 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) メモリ(DRAM、SRAM、フラッシュ、新規メモリ)技術 
テーマ(英) Memory Device Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2014-04-ICD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 27%動作電力削減と85%リーク削減を実現する2電源SRAM用ビット線電力計算回路およびデジタル制御リテンション回路 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A 27% Active and 85% Standby Power Reduction in Dual-Power-Supply SRAM Using BL Power Calculator and Digitally Controllable Retention Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 2電源SRAM / A Dual-power supply SRAM  
キーワード(2)(和/英) 消費電力削減 / Power reduction  
キーワード(3)(和/英) ビット線電力計算機 / Digital LDO  
キーワード(4)(和/英) デジタルLDO /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫛田 桂一 / Keiichi Kushida / クシダ ケイイチ
第1著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘 文彦 / Fumihiko Tachibana / タチバナ フミヒコ
第2著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平林 修 / Osamu Hirabayashi / ヒラバヤシ オサム
第3著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 武山 泰久 / Yasuhisa Takeyama / タケヤマ ヤスヒサ
第4著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川澄 篤 / Atsushi Kawasumi / カワスミ アツシ
第5著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 東 / Azuma Suzuki / スズキ アズマ
第6著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 仁木 祐介 / Yusuke Niki / ニキ ユウスケ
第7著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 静野 観椰子 / Miyako Shizuno / シズノ ミヤコ
第8著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 慎一 / Sinichi Sasaki / ササキ シンイチ
第9著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢部 友章 / Tomoaki Yabe / ヤベ トモアキ
第10著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 畝川 康夫 / Yasuo Unekawa / ウネカワ ヤスオ
第11著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-04-18 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2014-13 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2014-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会