お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-04-18 14:25
ソーシャルネットワーク上の情報拡散と広告効果
豊泉 洋中川眞吾早大NS2014-22
抄録 (和) ソーシャルネットワーク上では、様々な情報が流通している。特に、企業は、自社の製品・サービスを売り 込むために、ソーシャルネットワーク上でのマーケティングを活発化している。マーケティング活動には、「いいね」 や「シェア」などの口コミによる広告、および直接ユーザーのウィンドウに表示されるバナー広告の2種類がある。 本研究では、ソーシャルネットワークにおいて、「いいね」や「シェア」などの口コミ広告がどのように拡散するかモ デル化し、その広告効果を直接的な広告と比較する。 
(英) Various information is distributed on social networks. Especially, companies are increasing their marketing activities on social network. There are two main categories of marketing on social network: (1) advertisement by word of mouth such as “like” and “share”, and (2) direct marketing such as banners displayed on the customers’ window. In this research we will model the spread process of word of mouth advertisement on social network, and compare their effectiveness with direct marketing.
キーワード (和) ソーシャルネットワーク / SIR モデル / 情報拡散 / 広告効果 / / / /  
(英) Social Network / Advertisement Effect / Spread / SIR epidemic model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 6, NS2014-22, pp. 119-123, 2014年4月.
資料番号 NS2014-22 
発行日 2014-04-10 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2014-22

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2014-04-17 - 2014-04-18 
開催地(和) 石垣市民会館 
開催地(英) Ishigaki-City-Hall 
テーマ(和) トラヒック,NW評価,性能,リソース管理・制御,トラヒックエンジニアリング,NW信頼性・レジリエンシ,一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource Management/Control, Traffic Engineering, Reliability, Resiliency 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソーシャルネットワーク上の情報拡散と広告効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spread of Information over Social Network and Its Advertisement Effect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソーシャルネットワーク / Social Network  
キーワード(2)(和/英) SIR モデル / Advertisement Effect  
キーワード(3)(和/英) 情報拡散 / Spread  
キーワード(4)(和/英) 広告効果 / SIR epidemic model  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊泉 洋 / Hiroshi Toyoizumi / トヨイズミ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 眞吾 / Shingo Nakagawa /
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-04-18 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-22 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.119-123 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2014-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会