電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-04-18 14:50
vCPEにおけるWAN高速化機能仮想化の実用性評価
井上寛規奥川 徹増田暁生NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,ユーザ宅内装置(Customer Premises Equipment;CPE)に配備されていたDHCPやNATなどのネットワーク機能を,キャリアネットワーク側などに配備するNetwork Function Virtualization(NFV)が検討されている.NFVにより,様々な機能がネットワーク側に集約され,CAPEX・OPEX削減,機能拡張の柔軟性向上などの効果が期待できる.本研究では,ネットワークサービスの一つとして,主に法人ユーザに提供されているWAN高速化に着目する.これは,WAN高速化装置(WAN Optimization Controller;WOC)をユーザ拠点毎に設置することで実現される.このWOCの仮想化により,ユーザ拠点毎に設置するよりも必要な装置台数を削減することが期待できる.しかし,WOC仮想化は,ユーザ端末とWOCの距離が大きくなり,高速化の効果が減少する懸念がある.
本報告では,WOCを仮想化した際のトレードオフ評価とその改善策検討を実施した. 
(英) In recent years, the network features such as DHCP and NAT , which has been deployed in the Customer Premises Equipment (CPE) has been studied to deploy to such carrier network side, as Network Function Virtualization (NFV). By NFV, effecting CAPEX and OPEX reduction, and increased flexibility of enhancements can be expected, because various functions are integrated into the network side. In this study, we focus on the WAN acceleration that are provided to corporate users primarily as one of the network services. This is accomplished by placing WAN Optimization Controller (WOC) in each user site. It can be expected to reduce the required number of devices by the virtualization of this WOC. However, WOC virtualization, there is a concern that the distance between the user terminal and virtualized WOC is increased, the effect of speed is reduced.
In this report, we evaluate these trade-off and propose the remedy at the time of virtualization of the WOC.
キーワード (和) vCPE / WAN高速化装置 / WOC / NFV / / / /  
(英) vCPE / WAN Optimization Controller / WOC / NFV / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 6, NS2014-23, pp. 125-130, 2014年4月.
資料番号 NS2014-23 
発行日 2014-04-10 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2014-04-17 - 2014-04-18 
開催地(和) 石垣市民会館 
開催地(英) Ishigaki-City-Hall 
テーマ(和) トラヒック,NW評価,性能,リソース管理・制御,トラヒックエンジニアリング,NW信頼性・レジリエンシ,一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource Management/Control, Traffic Engineering, Reliability, Resiliency 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) vCPEにおけるWAN高速化機能仮想化の実用性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Practical evaluation of WAN acceleration feature in vCPE 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) vCPE / vCPE  
キーワード(2)(和/英) WAN高速化装置 / WAN Optimization Controller  
キーワード(3)(和/英) WOC / WOC  
キーワード(4)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 寛規 / Hiroki Inoue / イノウエ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥川 徹 / Toru Okugawa / オクガワ トオル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 暁生 / Akeo Masuda / マスダ アケオ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-04-18 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-23 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.125-130 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会