お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-04-18 11:20
無線LAN省電力化のための通信品質を考慮した端末帰属制御方式
熊副和美・○野林大起福田 豊池永全志九工大NS2014-17
抄録 (和) 無線 LAN は, ネットワーク構築, 構成変更の容易さと導入コストの低さから,
ネットワークインフラの一部として広く利用されている.
無線 LAN の基地局 (AP) は, 端末 (STA) からの接続を待ち受けるために常に稼働し電力を消費している状態にあるため, この無駄な消費電力の削減を目的として,
Radio-on-Demand Networks (ROD) 技術が開発されている.ROD で AP は, 帰属している STA からの通信が無いことを検出すると,Sleep 状態に遷移し, 省電力化を図る. また AP は, 超低消費電力で起動するウェイクアップレシーバーを装備しており, 通信を再開する STA からの信号を受信することで, Active 状態に遷移する.
我々はこれまでに, 本オンデマンド型 AP で構成された無線 LAN において,
利用率の低い AP に帰属する STA を他の AP に集約することで Sleep 状態の AP
を増加させ, 省電力効果の向上を図る手法 (端末帰属集約手法)の提案と検証を行い, その有効性を示した. 本稿では, 帰属端末集約手法を改良し,高い省電力効果の実現と,通信性能の低下の抑制を目指した方式を新たに提案し, その性能を明らかとする. 
(英) Wireless LANs (WLANs) are widely used as network infrastructure due to their ease of deployment and low installation costs. Access points (APs) in WLANs are operated continuously in order to provide connectivity for stations (STAs); however, this wastes a non-negligible amount of energy.
To reduce the power consumption of APs in such a WLAN environment,
radio-on-demand (ROD) networks were developed.Within the ROD framework, we previously proposed a STA aggregation scheme in which APs cooperate with each other and aggregate their STAs, and demonstrated that the proposed scheme could provide power savings in an environment with a light traffic volume. In present paper, we propose a STA reassociation scheme, as an enhancement of our STA aggregation scheme, that achieves high power saving while autonomously avoiding degradation of communication quality under any network load.
キーワード (和) 無線LAN / ROD / 端末帰属制御 / 端末分散 / 省電力 / / /  
(英) Wireless LAN / ROD / Association Management / Load Balancing / Energy Efficiency / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 6, NS2014-17, pp. 89-94, 2014年4月.
資料番号 NS2014-17 
発行日 2014-04-10 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2014-17

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2014-04-17 - 2014-04-18 
開催地(和) 石垣市民会館 
開催地(英) Ishigaki-City-Hall 
テーマ(和) トラヒック,NW評価,性能,リソース管理・制御,トラヒックエンジニアリング,NW信頼性・レジリエンシ,一般 
テーマ(英) Traffic, Network evaluation, Performance, Resource Management/Control, Traffic Engineering, Reliability, Resiliency 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-04-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LAN省電力化のための通信品質を考慮した端末帰属制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Station association scheme for Green Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) ROD / ROD  
キーワード(3)(和/英) 端末帰属制御 / Association Management  
キーワード(4)(和/英) 端末分散 / Load Balancing  
キーワード(5)(和/英) 省電力 / Energy Efficiency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊副 和美 / Kazumi Kumazoe / クマゾエ カズミ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野林 大起 / Daiki Nobayashi / ノバヤシ ダイキ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 豊 / Yutaka Fukuda / フクダ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池永 全志 / Takeshi Ikenaga / イケナガ タケシ
第4著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyushu Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-04-18 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2014-17 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会